2015 年 6 月 7 日

聖餐の小説教 2015.6.7

Filed under: 小説教 — susumu @ 11:13

先週の月曜日から水曜日までJEA、日本福音連盟の総会が行われました。その総会に出席しまして、そこで、今年は時に戦後70年を迎え、私たちはまさに、今、この時代に会ってどのような教会であろうとするのかという声明文を採択しました。福音派と呼ばれる私たちの教会の交わりは、実にさまざまな背景の教会がそこに属しています。それらの違う背景の持つ教会が、一つの声明文は出すと言うのはとても大変な労力のいることです。そういう意味では、それほど深められた言葉の声明文とは言い難いのですけれども、これまでの福音派の歩みを評価と反省をしつつ、今、それこそ、この国会においても、安全保障関連法案の審議をしています。特に憲法9条の解釈変更ということを、この国会で何とか通そうとしています。先日も国会に三人の専門家が呼ばれまして、この三人ともが、今回の憲法解釈の変更は違憲だという判断を下しました。そういう「今、この時」わたしたちは主イエスの与えてくださる光のなかでどのように生きるのか。そのことが表現される声明文をということが話し合われました。その今回の「戦後70年にあたっての声明」の最後にこういう言葉が書かれています。 (続きを読む…)

HTML convert time: 0.458 sec. Powered by WordPress ME