2022 年 7 月 10 日

・説教 ローマ人への手紙15章7-13節「神の栄光のために」

Filed under: ライブ配信,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 00:46

2022.07.10

鴨下直樹

⇒ 説教音声の再生はこちら

Lineライブ

午前10時30分よりライブ配信いたします。終了後は録画でご覧いただけます。


 
 今日私たちに与えられている聖書の7節に「神の栄光のために」という言葉が出てきます。神の栄光のために生きる。教会に来るとよく耳にする言葉かもしれません。
 
 ウエストミンスター大教理問答の最初の問いに、こう記されています。

問1「人間のおもな、最高の目的は、何であるか。」
答 「人間のおもな、最高の目的は、神の栄光をあらわし、永遠に神を全く喜ぶことである」

 教理問答というのは、洗礼を受ける方のために、聖書の基本教理を教えるために作られたもので、牧師が問いを尋ねると、その問いに、信者が答えるという形式で書かれています。つまり、答えをまるまる暗記するように求められているわけです。

 人間は何なのために生きていますか? 人生の目的は何ですか? と尋ねられたら、「人間の目的は、神の栄光をあわらし、永遠に神を全く喜ぶことです」と答えるように教えるのです。

 私も、子どもの頃に、牧師であった父からこの問答を聞かされていました。何のためにこんな勉強をするのか? なぜ仕事をするのか? なぜ結婚するのか? 私たちが生きるために必要ななぜそれをするのか? という問いの答えは、神の栄光を現すために私たちは生きているのだということです。

 今日の聖書は7節でこの「神の栄光のために」という言葉が出てきます。私たちは神の栄光を現すために生かされている。そのためにも、お互いが受け入れ合いなさいというのです。

 私たちは、この神の栄光を現すために生きている。そのことを基準に考えるのだとパウロはここでまず語っています。

 これは、前の6節の祈りの言葉を受けて語ったものでもあります。教会はいろいろな人たちが心を一つにして、父なる神をほめたたえるところなのだからといいます。

 さて、この「神の栄光のため」と書かれている次の文章にこう書かれています。

キリストがあなたがたを受け入れてくださった…

と。この言葉は、この箇所の中心です。

 「あなたがた」は、だれのことを指しているかというと、ローマにいる二種類の人たち、つまりユダヤ人のキリスト者たちと、ローマ人のキリスト者たちを指しています。そのお互いを、キリストは受け入れてくださったのですよと言うのです。

 さらっと書かれていますが、この背後にはとてつもない出来事が起こっています。

 ユダヤ人のキリスト者たちは曲がりなりにもこれまでの歴史の中で神の教えを心に留め、主イエスがキリストであると信じた人たちです。聖書に書かれ、預言者たちが語り継いできた救い主とはキリスト・イエスなのだということを受け入れた人たちです。

 この人たちは本当にダイヤモンドのような人たちです。ほとんどのユダヤ人たちはこの神の約束を捨ててしまったり、キリストのことを認めない人たちばかりの中で、ユダヤ人のキリスト者たちは、それが主イエスなのだと分かったのです。

 彼らは律法を大切に、ユダヤ人のしきたりに生きて来て、その結果今の自分たちがあるということを受け止めることのできた人たちです。その人たちの感覚からすると、自分たちはキリストに受け入れられたというのは、喜びであったはずです。誇りであったはずです。

 ところが、異邦人は神を信じてこなかった人で、むしろユダヤ人のキリスト者を苦しめ、神に敵対してきた人たちです。ユダヤ人のキリスト者からすれば異邦人というのは、言ってみれば悪魔の手先のようにさえ思えたと思います。

 パウロはここで、「キリストはその異邦人たちも受け入れられたのだ」と言いました。まさに、奇跡的な出来事ですが、それが主イエスの十字架と復活だったと言ったのです。そのことを説明するために8節から12節までの言葉を使って説得を試みます。 (続きを読む…)

HTML convert time: 0.155 sec. Powered by WordPress ME