2020 年 12 月 13 日

・説教 ヨハネの福音書1章5節「闇の中に輝く光」

Filed under: ライブ配信,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 07:33

2020.12.13

鴨下 直樹

⇒ 説教音声の再生*1はこちら

*1:今週は機材の不調により説教音声の録音ができませんでした。ライブ録画から抽出した音声を掲載しています。聞きづらい点はご容赦ください。

Lineライブ

午前10時30分よりライブ配信いたします。終了後は録画でご覧いただけます。


 
 12月に入りまして、急に寒くなってきました。もう夕方の5時くらいになりますと暗くなってきます。我が家では犬を飼っているので、夕方、犬の散歩に出かけるのですが、夕方の月というは、時々とても大きくて、明るい光で照らすときがあります。もし、詳しい方がいたら教えて欲しいのですが、そういう時の月というのは、とても明るく感じます。特に、ここ数日は、綺麗な月が見えることが多い気がします。先日は、朝の5時半頃ですが、まだ暗い中で三日月が綺麗に出ているのを見てとても美しいなぁと感じました。幸い、この芥見というところは、教会のすぐ後ろには山ですから、月が映えるわけです。

 そういう夜の月の明かりを見ていますと、時々、あのクリスマスの物語を思い起こします。荒野で夜番をしていた羊飼いたちのもとに天使たちが表れた時の、あの輝きはどれほどだったのだろうかと、想像するとわくわくしてきます。聖書を読んでいますと、御使いが一人現れるだけでも、大きな輝きがあったようですから、御使いの軍勢などという数になれば、それはもうほとんど昼間のような明るさになったのではないかとか、そんなことを想像します。

 今日、私たちに与えられているのは、ヨハネの福音書1章5節のみことばです。

光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。

 そのように記されています。新改訳聖書には、この「打ち勝たなかった」というところに、注が書かれていまして、別訳として「これを理解しなかった。」と記されています。この「打ち勝つ」という言葉は「カタランバノー」というギリシャ語で、もともとの意味は「捕らえる」という意味の言葉です。ですから、直訳すると、「闇は光を捕らえきれなかった」ということになります。それで、「理解しなかった」という翻訳もできるということなんですが、やはり、従来の翻訳の「打ち勝たなかった」という翻訳で良いのだと思います。

 闇は、光を捕らえきれないというのです。それは、光の性質からして明らかです。光があるところに、闇は存在できないのです。闇は、光の前に姿を失うことしかできません。

 今は、夕方の5時くらいになりますともう暗くなってきます。太陽が傾いて見えなくなると、闇が覆うようになるのです。

 私たちは、その人生の中で闇を何度も何度も経験することがあると思います。その時には、光がどこかにいってしまっているわけです。ただ、私たちは、夜の闇が迫る時というのは、太陽の光が完全になくなっているわけではないことを知っています。地球の裏側を照らしているので、今ここには光がないだけで、光そのものがなくなってはいないことを知っているのです。

 ところが、私たちは人生の闇が私たちを支配しそうになる時、私たちを照らしていた光が完全になくなってしまったかのような不安に陥ってしまうことがあるのではないでしょうか。

 小さな話ですが、昨日、教会の方が、車のタイヤを夏用のタイヤから冬用のタイヤに交換してくださいました。その時に、この夏に我が家は車を変えたのですが、夏の安い間にスタッドレスタイヤを買っておこうと思いまして、インターネットのあるサイトから、中古のスタッドレスタイヤを購入しておいたわけです。それで、昨日そのタイヤに付け替えてもらおうと思ったのですが、そこで問題が発生しました。タイヤのサイズは合っているのですが、ホイールの径が違うので、買っておいたスタッドレスタイヤが使い物にならないという事が分かったのです。

 何万円もして購入したわけで、少しでも安くと思って買ったのですが、それが仇になった格好です。仕方がないので別のものに買い替えなくてはなりません。もう、一瞬目の前が「真っ暗に」なるわけです。もちろん、これは些細な例ですが、たとえばこういう金銭的なことというのは、些細なことではなくなってしまう場合もあります。こういうことが積み重なりますと、それがだんだんと効いて来て、あるところで爆発してしまうということが起こり得るのです。

 私たちが、これは人生の闇だと感じることというのは、人によって異なります。それは、そのままその人の弱さという部分があります。自分の弱いところから、闇に呑み込まれてしまうのです。

 ヨハネの福音書はこの闇と光というテーマが3章にも記されています。そこでは、「闇」は「悪の行い」と言い換えられています。そして、「光」は「真理の行い」と言い換えられています。私たちの中にある、神に背を向けたくなる部分、そこが私たちの闇であり、私たちの弱点なのです。ただ、大事なことは、私たちの悪の行いにあるのではないのです。

 大事なのは、闇は光に打ち勝つことができないのだという、この福音の言葉にこそ、力があるということです。ヨハネの福音書3章20節から21節にはこう記されています。

悪を行う者はみな、光を憎み、その行いが明るみに出されることを恐れて、光の方に来ない。しかし、真理を行う者は、その行いが神にあってなされたことが明らかになるように、光の方に来る。

 悪を行う者は光の方に来ないが、真理を行う者は、光の方に来ると言っているのです。この後半部分がとても大切です。神の真理に生きることを通して、私たちは光の中に身を置くことが出来るというのです。

 突発的に、悲しい出来事に見舞われてしまうことがあります。そして、そのような時に、私たちの中にある弱い部分が働いて、自分自身から闇の方に引き寄せられてしまって、どんどん闇の中に呑み込まれていくことがあるのです。けれども、そういう時には、対処法があるのです。それが、ここで書かれている、真理を行うということです。光の行いをする。神の方に向かって歩み出していけば、かならず、神の光にまた照り輝かされるようになるのです。

 私がドイツにいた時のことです。ドイツの冬は長くて、日本よりもずっと長く寒い季節が続きます。10月くらいから3月くらいまで、ほとんど半年ほどの長さですが、この期間が、日本でいう冬の期間です。

 当時住んでいた神学校の寮は、シャワーしかありませんので、なかなか温まるということができません。そうなると、私は無性に日本の夏が恋しくなって、無性に蝉の鳴き声が聞きたくなります。日差しにあたりながら、汗をだらだらとながしているという光景をいつも思い浮かべるのです。寒いのが長く続く季節に、気分が滅入ってくると、夏の暖かさに憧れを覚えるのです。それは、お祈りしてどうにかなるものではありません。その期間は耐えるしかないのです。冬の寒さが通り過ぎるのを待つしかないのです。

 でも、誰もが知っているのです。この長い冬はいつか終わりがくるということを。だから、その間、憧れを胸に秘めながら、その季節を耐え忍ぶのです。

光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。

 これが、今日、私たちに与えられている聖書のみ言葉です。

 光は闇の中に輝いているのです。そして、闇は光に打ち勝つことができないのです。私たちの周りをどれほど大きな闇が支配したとしても、どれほど暗い冬が襲ってきたとしても、神の光は、夏の太陽のように、その寒さを伴う闇の支配を、打ち破ることができるのです。

 もし、今、闇の中に置かれていたからといって、落胆しないでいただきたいのです。闇はあるのです。けれども、その闇は、光を捕らえることはできません。打ち勝つことはできないのです。だから、私たちは光に生きるのです。神の光を求めて生きるのです。

 神の光、つまり、神がこの闇の世界にもたらした光であられる主イエス・キリストを追い求め、主イエスの方に向かって進み出すのです。主イエスが歩んでおられる方向に、私たちも向きを変えて、進み出して行くのです。それは、たとえば人によっては、心苦しい闇を覚える中で、日曜は外に出なくないと思う中で、今日は教会に行こうと決断して礼拝に集うということでもあるのです。

 私たちが、主イエスの方に、光に向かって歩み出すならば、神の光は、かならず私たちに差し込み、私たちは神の光に包み込まれるのです。

 その光は、温かく、その光は人に安心感を与え、その光は、どこまでも先を見通すことのできる目標を私たちに示してくれるのです。

 毎年、このアドヴェントの季節になりますと、礼拝でいつも歌う賛美の一つに、讃美歌21の242番、「主を待ち望むアドヴェント」という讃美歌があります。讃美歌21を歌うようになって覚えた讃美歌です。毎年歌いますので、もう皆さんも覚えた賛美だと思います。毎週、主の日が訪れて、アドヴェントに蝋燭を一本、一本と増やしていくことを歌った歌です。いつもは全曲歌いますが、今、コロナウィルスのために短縮礼拝をしていますので、今日は一番だけを歌いました。ただ、一番だけ歌うとあまり、意味が分かりません。蝋燭の火が一つ一つ増えていく毎に、主を待ち望む意味を心に刻ませようとしている賛美です。

 今日は、第三アドヴェントですが、三節目の歌詞はこうなっています。

主を待ち望むアドヴェント 第三のろうそく灯そう。
主の恵み 照り輝き 暗闇を照らす
主の民よ、喜べ
主は近い

 この三節では、「主の恵みが照り輝き、暗闇を照らす」と歌っています。私たちに灯される主の光は、主の恵みであると歌っています。私たちに与えられている主の光は、主イエスにある恵み、その恵みが、暗闇を照らすのです。主イエスが私たちにもたらして下さったもの。主イエスによる救いこそが、私たちの光です。

 暗闇の中を歩む私たちを、光の主は、そこから救い出したいと考えていてくださって、このクリスマスに、主イエスをこの世界に遣わしてくださいました。この主の光に照らされているならば、私たちは悪い行いから離れ、光の行い、主イエスが私たちに与えてくださった救いの光の中で生きることができるようにしてくださいます。主の光は、私たちを、苦しみの闇から、恐れの闇から、解決の光、温もりの光へと私たちを導き入れてくださいます。

 今週で三本目の蝋燭に火が灯りました。次の四本目が灯ると、まもなくクリスマスです。待つというのは、決してつらいことばかりではありません。期待する心というのは、喜びが支配するのです。

 暗い夜に、美しい月の光が映えるように、神は、闇の中にもし私たちが置かれていたとしても、そこに美しい神の光を照らしてくださいます。なおしばらくは待たなくてはならないかもしれません。しかし、光の主は、その光を失うことなく、私たちのために備えていて下さいます。主の光を待ち望みつつ、暗闇がたとえ私たちを覆ったとしても、主に心を向けて、進んでまいりましょう。

お祈りをいたします。

コメントはまだありません

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 1.141 sec. Powered by WordPress ME