2021 年 12 月 12 日

・説教 ローマ人への手紙8章1-11節「御霊に従って生きる」

Filed under: ライブ配信,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 08:22

2021.12.12

鴨下直樹

⇒ 説教音声の再生はこちら

Lineライブ

午前10時30分よりライブ配信いたします。終了後は録画でご覧いただけます。


 

 いよいよ、ローマ人への手紙の8章に入りました。このローマ書の8章というのは、ローマ書の中心と言ってもいいところです。あるいは、新約聖書の中心と言ってもいいかもしれません。それほど、この部分には大切なことが、福音の中心的なことが語られています。

 パウロはこの前の7章で「律法とは何か」について語りました。そして、この8章では「キリストのもたらした救いとは何か」あるいは「御霊の働き」と言ってもいいかもしれませんが、主が私たちに与えてくださった救いとは、聖霊が与えられることなのだということが語られています。

 特に、今日はまず、ここで語られている「肉と霊」ということをお話ししたいと思います。この前のところでは、この「肉」と「霊」のことを「神の律法」と「罪の律法」とパウロは説明しています。

 パウロはここで「肉」のことを「罪」とか「死」とか「悪」と言い換えています。そこでは、神の思いに逆らわせるもののことを「肉」という言葉で表現していました。その時に、私はこの「肉」のことを「自我」とか「欲望」のことと理解してくれていいという説明をしました。

 その時に、少し言葉が足りなかったなという思いがあります。「自我」とか「欲望」というのは罪なのだろうか?という疑問が浮かんでくるからです。例えば、「欲望」の中には、色々な欲望があります。「食欲」「物欲」「性欲」「名誉欲」、色々上げることができると思います。それらのものは、「良い」とか「悪い」という判断はなかなかつきません。だから、「肉」イコール「欲」という言い方は成立しないのです。

 ただ、もう一度改めて理解していただきたいのは、パウロはここで「神の思いに逆らわせるもの」つまり「霊」に反するもののことを「肉」と呼んでいるということです。自我も、欲望も、罪も、悪もすべてそうですが、神の霊に敵対させるものを、パウロはここで「肉」と言っているのです。

 パウロはここで肉について色々な言い方で語っています。

5節「肉に従う者は肉に属することを考えます」
6節「肉の思いは死です」
7節「肉の思いは神に敵対する」
8節「肉のうちにある者は神を喜ばせることができません」

 私たちはこの罪の支配の中に置かれている、死に飲み込まれている。肉という私たちの力では抗いきれない根深い、神に逆らってしまうものがあるということを、パウロはここで念を押すように語っているのです。

 ただ、パウロがここで強調したいのは、この「肉」の手ごわさではないのです。

 この8章1節でパウロはこう言っています。

こういうわけで、今や、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。

 パウロはここから、キリストのしてくださった力強い御業を高らかに語り始めるのです。「今や、キリスト・イエスにある者が罪に支配されることは決してない」のだと断言するのです。それはなぜか。

 2節

なぜなら、キリスト・イエスにあるいのちの御霊の律法が、罪と死の律法からあなたを解放したからです。

 「肉」がどれほど手ごわい存在であったとしても、「死」がどれほど私たちを不安に陥れたとしても、「罪」がどれほど私たちの奥深くにまで書き記されていたとしても、もはやそれらは決して意味を持たないのだというのです。

 なぜなら、聖霊が、イエス・キリストにあるいのちの律法が、私たちの中の、罪の律法を書き換えたからだというのです。

 今日、この後で3人の方の転入会式を行います。そして、来週は洗礼入会式を行います。洗礼を受ける時に、私たちは水の中に身を沈める浸礼という洗礼式を行います。その時に、洗礼を受ける方は皆、水の中に身を沈めることになります。そのまま起き上がって来ないと大変なことです。ですが、そうやって、身を沈めることを通して、その人が死んだということを表すのです。けれども、皆その水から上がって来ます。

 ある牧師はこんな説明をしました。聖霊を受けるというのは、水の中で浮くボールを持っているようなものだと。どんなに水の底に沈もうとしても、空気の入ったボールを持っていると、どう頑張っても浮かび上がってしまうのです。

 それと似ているというのです。どんなに肉の力が強く、死の力が強くて、水の中に私たちを沈めようとしても、水の中で私たちを殺そうとする力が働いていたとしても、私たちには浮くボールである聖霊が与えられているので、絶対にそこで沈むことはなくなったということなのです。

 もちろん、私たちが生活しているのは水の中ではありません。この世に私たちは生かされているのです。けれども、たとえ闇の支配する、死の支配する世界であっても、聖霊をすでに与えられている私たちは、この世界に支配されることなく、神のもとへと必ず浮かび上がることができるのです。

 パウロはこう言っています。9節の前半をお読みします。

もし神の御霊があなたがたのうちに住んでおられるなら、あなたがたは肉のうちにではなく、御霊のうちにいるのです。

 
 まもなく、クリスマスを迎えようとしています。クリスマスに何が起こったのかというと、それは神が肉体をとってこの世界に来られたということです。

 これを「受肉」と言います。

 神が肉体をとってこの世に来られたのです。そして、この受肉の御業は、キリストご自身だけではなくて、私たちの身にも及ぶことになるのです。

「神の御霊があなたがたのうちに住んでおられる」―聖霊が私たちに与えられた時、私たちは信仰が与えられたと確信することができます。その時に、私たちは信仰告白に至るのです。

 先週の礼拝後、長老と執事たちのいる中で、洗礼の試問が行われました。そこで、ご自分がどのように信仰に導かれたのかという証を聞くことができました。毎回そうですけれども、私たちはその証を聞く時に、ああ確かにこの方のうちに聖霊が働いていてくださるということを確信することができます。そして、この方には確かに、聖霊が働いておられると確認して、役員会で承認して洗礼を受けるように導かれるのです。

 洗礼を受けた時、私たちは確かにこの方の中に聖霊が住んでおられるということを覚えて、ともに主の御名をあがめるのです。

 確かに、私たちは肉に支配されてしまいます。そのために神の望まれることを行うことができません。けれども、3節でパウロはこう言っています。

肉によって弱くなったため、律法にできなくなったことを、神はしてくださいました。

 ここで注意深く聞き取らなければならないのは、「肉によって弱くなったために、律法を行えなくなった私たち」とは記されていないということです。「肉によって弱められたせいで、律法にはできない」とパウロはここで言っているのです。

 律法は良いものです。聖なるものです。けれども、その良いもの、聖なるものであるはずの、神の戒めである律法が、私たちが肉に支配されてしまっているために、その律法そのものが役に立たなくなってしまっているというのです。律法が機能しないのです。肉のためにです。それが、罪の力です。だから、私たちの努力で何とかできるというようなレベルではないのです。

 けれども、その「律法にできなくなったことを、神はしてくださいました。」とパウロはここで宣言しているのです。働くのは、私たちの意思ではなく、私たちの力でもなく、神ご自身なのです。神の霊が、そこで働くのです。罪と死の律法から私たちを解放するのが聖霊の働きなのです。

 11節にこうあります。

イエスを死者の中からよみがえらせた方の御霊が、あなたがたのうちに住んでおられるなら、キリストを死者の中からよみがえらせた方は、あなたがたのうちに住んでおられるご自分の御霊によって、あなたがたの死ぬべきからだも生かしてくださいます。

 私たちはやがて死んでいきます。けれども、私たちのうちに住んでくださる聖霊は、私たちの中に働いて、この死ぬべき体を生かしてくださるというのです。ここに、よみがえりの信仰が語られています。私たちは、確かにやがて死を迎えることになるのです。けれども、私たちの中にすでに与えられている空気の入ったボールのように、聖霊はこの私たちを、死の中に沈み込んでしまうことのないようにし、やがて、神のみもとで浮かび上がらせてくださる。よみがえることになるのだと、ここで宣言するのです。

 私の好きな復活の物語の中に、ヤゴの爺さんという話があります。トンボの幼虫のヤゴです。ヤゴは水の中でどんどん年老いていきます。そして、だんだん体が上へ上へと引き上げられて、ついに水の中の世界からは見えない、天へ旅立っていくのです。

 けれども、実はヤゴの一生は水の中で終わりを迎えるのではなく、空を自由に飛び回る、第二の人生がそこには待ち構えているのです。

 私たちに約束されている新しいいのち、よみがえりのいのちとは、まさにそのようなものです。そして、水の世界から、上の世界へと私たちを引き上げてくれるのが、空気の入ったボールのような働きをする聖霊なのです。この聖霊が与えられていることが、私たちにとって、何よりも大切なことなのです。
 
 私たちは肉に支配され、罪に支配され、死に確かに支配されているこの世界に生かされています。けれども、主イエスは、この世界の中に来てくださって、その世界の私たちにいのちの聖霊を与えてくださるのです。そして、この主イエスによって与えられた聖霊によって、私たちは肉の支配を、罪の支配を打ち破って、新しいいのちに生きるものとなるのです。

 この主のしてくださった救いの業が、私たちを肉の支配から自由にするのです。

お祈りをいたします。

コメントはまだありません

まだコメントはありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

HTML convert time: 0.151 sec. Powered by WordPress ME