2024 年 2 月 25 日

・説教 マタイの福音書6章25-31節「心配しなくて良いのです」田村洸太神学生

Filed under: YouTube動画,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 09:15

2023.2.25

田村洸太

⇒ 説教音声のみの再生はこちら

 皆さんおはようございます。今日は2月最後の主日礼拝となります。次週からは、もう早いもので3月になります。

 皆さんは、3月と聞きますと、どのようなことをイメージされるでしょうか。3月というのは、子どもにとっても大人にとっても、年度替わりの季節です。学生であれば1年間のまとめ、進級、進学、または就職といった新しいステージへと飛び込んでいく時期です。大人であれば、新卒社員が入社してくる4月に向けて、人事異動や部署内の人員調節などが行われていく時期です。当教会でも先週、教会総会が行われ、来年度に向けた話し合いの場がもたれました。

 新しいスタートを迎えようとするこの季節は、来年度に向けての期待感と共に、今までとは違った状況に身を置くことになるため、心配や不安もまた大きくなる時期ではないでしょうか。

 本日は、そのように心配や不安が大きくなる時期を迎えるにあたって、私たちキリスト者が一体、何に目を向け、どのようにして信仰生活を歩んでいけば良いのか、そのことをマタイの福音書6章25節から31節のみことばを通して、味わっていきたいと思います。

 まず初めに今日の説教箇所のみ言葉が、どのような状況の中で語られたものであるのかについて、見ていきたいと思います。マタイの福音書6章の少し前、4章23節〜25節にこのようにあります。

イエスはガリラヤ全域を巡って会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、民の中のあらゆる病、あらゆるわずらいを癒やされた。
イエスの評判はシリア全域に広まった。それで人々は様々な病や痛みに苦しむ人、悪霊につかれた人、てんかんの人、中風の人など病人たちをみな、みもとに連れて来た。イエスは彼らを癒やされた。
こうして大勢の群衆が、ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、ユダヤ、およびヨルダンの川向こうから来て、イエスに従った。

 あらゆる悩みを抱える大勢の人々が、全土からイエス様のもとに集まり、癒やされ、従ったとここに書かれています。そして、次、5章の初め。

その群衆を見て、イエスは山に登られた。そして腰を下ろされると、みもとに弟子たちが来た。
そこでイエスは口を開き、彼らに教え始められた。

 大勢の群衆が集まって来るのを見て、イエス様は山に登られたとあります。そして、山の上で弟子たちや群衆に向けて、教えを語り始められました。イエス様のこの教えは、5章の初めから7章の最後まで続いていきます。

 ここで語られた多くの教えは、山上の垂訓や山上の説教とも呼ばれ、当時の人々の考えや価値観を大きく刷新するものでした。

 本日の説教箇所もそのような状況の中で、多くの悩みをもつ人々に対して語られたみ言葉です。それでは、早速今日の聖書箇所に移っていきたいと思います。25節。

ですから、わたしはあなたがたに言います。何を食べようか何を飲もうかと、自分のいのちのことで心配したり、何を着ようかと、自分のからだのことで心配したりするのはやめなさい。いのちは食べ物以上のもの、からだは着る物以上のものではありませんか。

 25節冒頭、「ですから」という接続詞によって始められています。イエス様は、この一つ前、24節において、「あなたがたは神と富とに仕えることはできません。」と語っています。そして、この25節から神に仕える者たち、言わば私たちキリスト者が一体どのような価値観、視点を持って、生きていけばよいのかについて語り始めます。

 何を食べようか何を飲もうかと、自分のいのちのことで心配したり、何を着ようかと、自分のからだのことで心配したりするのはやめなさい。いのちは食べ物以上のもの、からだは着る物以上のものではありませんか。

 ここでイエス様が語るのは、人々の生活の中で起こってくる価値観、優先順位の迷走についてです。 (続きを読む…)

HTML convert time: 0.154 sec. Powered by WordPress ME