2018 年 5 月 20 日

・ペンテコステ礼拝説教 使徒の働き2章1-13節「聖霊が注がれる時」

Filed under: 礼拝説教 — susumu @ 17:48

2018.05.20

鴨下 直樹

 今日はペンテコステと呼ばれる主の日です。クリスマスやイースターは今ではその意味を多くの人が知っています。この二つの大きなお祝いの日と並んで三大祭と数えられているのがこのペンテコステ、聖霊降臨祭です。この日は、聖霊が与えられた日、そして、教会が誕生したという二つのことを覚える日です。

 ところが、この「聖霊」というのがよく分からないという方が案外多いのです。先ほど、子どもたちと一緒に「聖書のおはなし」を聞きました。ずいぶん丁寧に、この「聖霊」の働きについて説明してくださったので、少し整理できたのではないかと思います。

 今日の聖書でも、この聖霊の性質について大事なことがいくつか書かれています。少し、聖書の箇所をみてみるとこのように書かれていました。

五旬節の日になって、皆が同じ場所に集まっていた。すると、天から突然、激しい風が吹いて来たような響きが起こり、彼らが座っていた家全体に響き渡った。

 ここで、聖霊のことが「激しい風」と表現されています。この聖霊のことを風と表現するのは、実はこの聖霊の性質についてよくあらわしています。「風」というのは見ることはできませんが、感じることができます。そこに動きがあるからです。神の霊である聖霊も、見えないから分からないと感じるかもしれませんが、風のように、そこに動きがあるので分かるわけです。聖霊というのは、動き、働きです。じっと動かないで何も起こらないというのではなくて、聖霊はその働きを通して、その存在を感じることができるのです。

 この聖霊の働きというのはこれまでのイスラエルの人々の信仰から大きな変化をもたらしました。その天地を創造されたまことの神のお働きが、聖霊によって、まるで風が吹いているかのように、しかも激しい風のように吹き付けることによって、神の働きを感じることができるようになったのです。

 しかも、この2節ではこの「風」は「響きが起こった」とあります。この聖霊の働きは、「響き」となって「音」となって人に理解されたというのです。この神の霊による働きかけは、壁にさえぎられると感じることができなくなってしまうというのではなくて、響きとして、音としても聞き取ることができた。つまり、誰もがこの聖霊の働きを知ることができるということがここで表現されていたわけです。

 そして、3節では

また、炎のような舌が分かれて現れ、一人ひとりの上にとどまった。

と書かれています。「炎のような舌」というのは象徴的な表現です。この表現も2節の「風のような響き」という言い方と同じようで、まず、聖霊の働きを炎で表現しています。 (more…)

2018 年 5 月 13 日

・説教 マルコの福音書7章1-23節「聖く生きる」

Filed under: 礼拝説教 — susumu @ 20:12

2018.05.13

鴨下 直樹

 5月も第二週を迎えました。以前、マルコの福音書から説教をしたのは3月の終わりですから、約二か月ぶりにマルコの福音書に戻ってきました。この間に色々なことがありました。先週は神田先生をお招きして説教していただきましたし、岐阜市長までもが礼拝を訪ねてくださいました。また、その前は山田長老がご自身の証を交えて説教してくださいましたし、ファミリー礼拝で避難訓練をしましたので、そういうテーマで説教をしました。また、洗礼入会式やイースター、受難日の礼拝などと毎週目まぐるしくテーマが変わってきましたので、もうマルコの福音書の話の流れが頭の中で切れてしまっている方がほとんどだと思います。

 そういう意味で言えば、このマルコの福音書の7章はこれまでの奇跡のことが書かれたまとまりが終わって、新しい段落に移るところですから、ちょうど少し内容が変わるところと言っていいと思います。

 このゴールデンウィークの始まりました時に、東海聖書神学塾主催で教会学校の教師のための研修会が行われました。今回は「子どもを知る」というテーマで二人の講演を聞きました。一人目は私の姉で小学校の教師をしています。学校の教師の現場からみて、今の子どもたちを知るという話を聞きました。この講演はとても興味深いもので、「小学生白書」という子どもたちの現状を示すアンケートのとりまとめから、今の子どもたちの生活ぶりがどうであるかということを、アンケートの表をもとに話してくれました。

 私自身、自分で姉に講演を依頼しておきながら、こんなに専門的なデーターを使って話をするのだとは思っていなかったのですが、とても興味深く聞きました。その後は、マレーネ先生が聖書の中で子どもはどのように記されているのかを丁寧に掘り下げてくださって、聖書が子どもをどう見ているのかということについて話してくださいました。どちらもとても興味深い話でした。この二人の講演を聞きながら、自分が分かっているつもりになっていることが、いかに正しい考え方をできなくさせているのかということに改めて気づかされました。

 特に、私の姉がその講演でいろんなデーターを使って子どもたちの現状を話してくれたのですが、例えば子どもの睡眠時間のデーターを見ると、子どもは平均で朝の6時半に起きるということが分かるわけです。そういうデーターを見ると、うちの子は今6時に起きているのですが、平均より少し早く起きるのは、学校が遠いから仕方がないことかな、などと思うわけです。ところが、姉はそういうデーターをはじめの時間で、ざっと説明してみせた後で、もう一度、そのデーターの細かな点に焦点を当てて話し始めました。

 例えば、その表で朝の5時半以前にすでに起きている子どもは全学年平均で8.8%もいるというようなことを話すわけです。学年によっては11.5%の子どもがすでに5時半に起きている。どういう理由があるのか、そんなに早く起きていて授業中に眠くならないのだろうかと話して、今度はでは何時に寝るのかというデーターを説明します。すると、平均の就寝時間は夜10時なのですが、夜11時半以降に寝る子供も8.8%いる。では10時以降に寝る子どもは何をしているのかというと、そのデーターによると、テレビを見ているとか、インターネットをしているとか、ゲームをやっているという子どもが合わせると55%いる。つまり、平均の中からは見えてこない、さまざまな子どもを取り巻く環境というのがあって、睡眠が足りていない子どもたちが一定数いるということに目をとめる必要があるというわけです。

 子どもは早寝早起きがいいということは誰もが分かるのですが、そうできない環境というのがあって、そのことを理解していないと色々な失敗をしてしまう。目の前に起こっている現象だけでなくて、その背景に何があるのかということをしっかりと見極めることが求められるということなのだと思うのです。 (more…)

2018 年 5 月 2 日

今月の礼拝予定(2018年5月)

Filed under: 今月の礼拝予定 — susumu @ 18:01

5月6日 復活後第五主日

主日主題: 宣教
聖餐式礼拝: 午前10時30分
聖書: マタイの福音書6章9-10節
説教:「岐阜市長がもしイエスさまだったら」神田英輔師
子ども:ダニエル③ 鴨下愛
聖餐式

午後:愛餐会(神田先生を囲んで)、役員会

5月13日 復活後第六主日

主日主題: 聖さ
公同礼拝: 午前10時30分
聖書: マルコの福音書7章1-23節
説教:「聖く生きる」 鴨下直樹牧師
子ども:ヨナ① 鴨下愛

午後:礼拝の学び、聖歌隊練習、手話講座

5月20日 ペンテコステ(聖霊降臨祭)

主日主題: 聖霊
伝道(ファミリー)礼拝: 午前10時30分
聖書: 使徒の働き2章1-13節
説教:「聖霊が注がれる時」 鴨下直樹牧師
子ども: 鴨下愛

午後:愛餐会(ファミリー礼拝参加者と共に)
キリスト教美術講座

5月27日 三位一体祭

主日主題:
公同礼拝: 午前10時30分
聖書: 詩篇121篇
説教:「行くにも帰るにも」 土肥史郎師
子ども:ヨナ② 河合和世

午後:

2018 年 5 月 1 日

礼拝説教をスマホで聞けるアプリ

Filed under: お知らせ — susumu @ 18:14

【ご案内】礼拝説教をスマートフォンで聞けるアプリ「PreachingToday」がApp Storeからリリースされました。
芥見キリスト教会からも説教テキスト・音声を提供しています。 教派を越えて、他教会の説教も聞くことができます。
iPhone、iPadなどでApp Storeから「PreachingToday」を検索してダウンロードできます(無料)。

2018 年 4 月 27 日

5月のファミリー礼拝

Filed under: お知らせ,ファミリー礼拝(伝道礼拝) — susumu @ 10:31

akutami_dendou_201805_cap

子どもと親のプログラム(5月のご案内)

akutami_kodomo_201805_cap

  • Mama’s cafe
    ...5月22日(火)朝10:00~12:00(今月は第3火曜日です)
    参加費:300円…デザート&飲み物
     
    ノーバディーズパーフェクト(略NP)から生まれたママ達のおしゃべりサロンです。NP卒業したママや、こひつじクラブのママ、ハレルヤちびっこ、サタデージョイのママ達と、そのお友達にご案内しています!
     
    お申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
    または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。
    (お申し込みは19日頃までにお願いします)。
     
    ★託児はありませんが、ママの近くで乳幼児さんプレイスペースがあります!★

 

  • 子どもグッツや日頃の裁縫、素敵な作品なんでも!「マレーネ先生とてしごとの会」
    ...5月9日(毎月第2水曜日)朝9:30~12:00
    ※茶菓代100円

 

  • 未就園(0歳から)のお子さんと親のプログラム「こひつじクラブ」
    ...5月8日(毎月第2火曜日)朝10:30~13:00
    ※参加費:200円(茶菓代/材料費)
    ★パネルシアター「ザアカイさん」
    ★5月のイベント:「パカパカ紙コップで遊ぼう」
    準備の関係で、前の週の土曜日までに出欠をご連絡ください。⇒連絡フォームはこちら

 

  • 就園児(3歳から)と親のプログラム「ハレルヤちびっこ」
    ...5月12日(毎月第2土曜日)朝10:30~13:00
    ※参加費:親子一組で200円
    ★紙芝居★
    前日までに出欠をご連絡ください。

 

  • 小学生のためのプログラム「サタデージョイ」
    ...5月12日、19日(毎週土曜日)朝10:00~11:30 参加無料

 

  • 牧師館の★ゲームナイト(旧芥見JC/青年学生向き)
    ...(毎月第3土曜日)夕18:00~ 参加費:200円(夕食付き)
    ★ドイツのボード・カードゲーム

 
お問い合わせ・申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。

2018 年 4 月 22 日

・説教 申命記 4章32―40節 「避難と訓練」

Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 12:57

2018.04.22

鴨下 直樹

⇒ 説教音声はこちら

 今日はファミリー礼拝です。この礼拝の後で、避難訓練を行います。とても短絡的と思われるかもしれませんが、そういうこともあって、今日の説教題を「避難と訓練」としました。

 私ごとで始めて恐縮ですが、私が小学校四年生の夏休みの時に、家が火事になってしまいました。第一発見者は私です。今から思うと、いつ火事になってもおかしくなかったような建物だったのだと思います。一階の風呂釜の炊き出し口の周りを覆っていたトタンの下にあった断熱材に火が引火してしまったのです。トタンの下の断熱材が炊き出し口の火の出ているところにむき出しに出ていたんだそうです。ガス窯から出ている炎が断熱材に引火して、その火が一階の風呂場の壁を燃やして、二階にあった台所にまで燃え広がりました。

 その時、私たち家族はリビングでくつろいでいました。となりの台所から何やら物音が聞こえてくるので、私と母が様子を見に行きました。台所の扉を開けると、すでに火が屋根にまで届いているのが見えました。すぐに「火事だ」と大騒ぎをして、兄弟たちも、みんな一目散で外まで逃げました。後で気づいてみると、兄弟の中で私だけが靴を履いていて、他の兄弟はみな裸足です。自分でも落ち着いていたものだと思います。子どもの頃から保育園や小学校でしていた避難訓練の賜物なのかもしれません。あっという間に火は家を呑み込みまして、二階の住宅部分は全焼してしまいました。ですから、火事なんて起こらないから避難訓練なんてどうでもいいと考えたことはありません。子どもであったとしても慌てないで落ち着いて行動するというのは日ごろの訓練の賜物なのだと思います。

 火事が起こる。地震が起こる。何か、とても大変なことが起こって、別のところに避難しなくてはならなくなる。私の場合はその後、父方の祖父母の家で残りの夏休みを過ごしました。その後、教会の隣にあった、かつて宣教師の住んでいた家にしばらく住んだことを覚えています。避難したところでの生活というのは、そういう意味で言えば一時的なのでしょうし、そこからまた新しい生活というのを作り直していかなければなりません。

 今日のファミリー礼拝のために簡単な案内が作ってあって、そこには今日のテーマは「私たちの避難場所」と書かれていました。そういう言葉をみると、困ったときの一時的な待避所のようなイメージを持ってしまうなと思いました。困ったことが起こると少しだけ、そこで避難させてもらって、また落ち着いたら元の生活に戻る。ひょっとすると、教会という場所をそのような場所と考えてしまいやすいかもしれません。毎日の生活からちょっと環境を変えて、一時的にここに避難して、また私たちの生活をしていく。けれども、そういう一時的な逃げ場所のようなものというのは、ある時は必要かもしれませんが、そうなると、困ったときだけ、神さまにちょっと出て来ていただいて助けてもらって、でも、普段の生活には神さまなんてそんなに必要ないというようなことにもなりかねません。 (more…)

2018 年 4 月 8 日

・説教 ローマ人への手紙10章9-11節「主を信じる信仰」

Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 16:36

2018.04.08

鴨下 直樹

⇒ 説教音声はこちら

なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われるからです。人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。聖書はこう言っています。「この方に信頼する者は、だれも失望させられることはない。」(新改訳2017訳)

 さきほどYさんの洗礼入会式を行いました。洗礼式の時に、五つの誓約をいたします。
「あなたは天地の造り主、生けるまことの神のみを信じますか。」「あなたは、神の御子イエス・キリストの十字架の贖いによって救われていることを確信しますか。」そのように尋ねていきます。そうしますと、「信じます」「確信します」と答えるわけです。すでに洗礼を受けておられる方はみなそのようになさったと思います。

 それは、先ほど読みました聖書の言葉を土台にしていると言っていいと思います。「人は心で信じて義と認められ、口で告白して救われるのです」とあるように、心に信じて、告白することが大事なのです。

 では、心に何を信じるのかというと、「あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせたと信じる」ということです。先週私たちは礼拝でイースターをお祝いしました。主イエスがよみがえられたことをお祝いしているわけです。ところが、先週の説教でもお話しましたが、死んだ人がよみがえるなどいうことは、ちょっと信じられないような話です。実際、ルカの福音書の最初の記述は、誰も信じられなかったと書かれているわけです。けれども、考えてみると、復活のことだけではなくて、聖書に書かれていること、特に主イエスが私たちにしてくださったことは信じられないようなことばかりです。
 
 先日も、洗礼を受ける方のための学びの時に、もう一度聖書が語っていることを簡単に説明しました。神がこの天地を造られたこと。そして、人間が神の思いに逆らって自分勝手に生きたために、楽園から追い出された事。そして、神はその後、次々に信仰の導き手を与えて、神の御心に応えて生きることが大事なのだということを示してこられました。けれども、神の民は神の心に従って生きようとはしません。それで、神は天からご自身が人の姿でこの世界に来られて、神の心に生きるというのはどういうことかを、自ら示そうとされました。それが、主イエス・キリストです。主イエスがどう生きられたのかというと、簡単に説明してしまえば、神を愛することと、人を愛して生きるということでした。それなのに、人は、主イエスを十字架につけてしまったのです。

 学びの中でも、こんな質問が出てきました。どうして、主イエスが十字架にかけられたことが、自分と関係あるのですか、という質問です。もっともな質問です。 (more…)

2018 年 4 月 2 日

子どもと親のプログラム(4月のご案内)

akutami_kodomo_201804_cap

  • Mama’s cafe
    ...4月24日(火)朝10:00~12:00(今月は第3火曜日です)
    参加費:300円…デザート&飲み物
     
    ノーバディーズパーフェクト(略NP)から生まれたママ達のおしゃべりサロンです。NP卒業したママや、こひつじクラブのママ、ハレルヤちびっこ、サタデージョイのママ達と、そのお友達にご案内しています!
     
    お申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
    または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。
    (お申し込みは21日頃までにお願いします)。
     
    ★託児はありませんが、ママの近くで乳幼児さんプレイスペースがあります!★

 

  • 未就園(0歳から)のお子さんと親のプログラム「こひつじクラブ」
    ...4月10日(毎月第2火曜日)朝10:30~13:00
    ※参加費:200円(茶菓代/材料費)
    ★エプロンシアター
    ★餃子ピザを作ろう(昼食あり)
    準備の関係で、前の週の土曜日までに出欠をご連絡ください。⇒連絡フォームはこちら

 

  • 就園児(3歳から)と親のプログラム「ハレルヤちびっこ」
    ...4月14日(毎月第2土曜日)朝10:30~13:00
    ※参加費:親子一組で200円
    ★紙芝居★
    前日までに出欠をご連絡ください。

 

  • 小学生のためのプログラム「サタデージョイ」
    ...4月14日、21日、28日(毎週土曜日)朝10:00~11:30 参加無料

 

  • 牧師館の★ゲームナイト
    ...(毎月第3土曜日)夕18:00~ 参加費:200円(夕食付き)

 
お問い合わせ・申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。

2018 年 4 月 1 日

・説教 ルカの福音書24章1-12節「イースターの朝」

Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 22:22

2018.04.01

鴨下 直樹

⇒ 説教音声はこちら

 イースターおめでとうございます。復活の主の祝福が皆さんの上にありますよう祈ります。

 例年のように、イースターの朝、私たちはともに集まって賛美と祈りをささげ、一緒に朝食をいただきました。ようやく暖かくなってきて、外で過ごすことも楽しくなってきました。ここ数年でしょうか。スーパーのお菓子売り場に行きますと、イースターのパッケージのものを簡単に見つけることができるようになりました。少しでもイースターが多くの人の目に留まるようになることはいいことだと思います。

 イースターってなに?と少し興味をもって検索しますと、すぐに、イエス・キリストの復活をお祝いする日ということを見つけることができます。けれども、ここでちょっと考える人は、死んだ人がよみがえったの?という疑問が出てくるわけです。死んだ人が生き返るなどということは古今東西例がありません。そして、人がよみがえったという歴史的な記述もないのです。ただ、聖書の中には書かれているわけです。そして、それが、今日みなさんと読んでいる箇所です。

 特に、以前からお話していたように、今日から新改訳2017を使うことにしましたので、まだこれまでの聖書をお持ちの方は、ぜひ注意深く読み比べてくださればと思います。

 人がよみがえるというのは、どういうことなのでしょうか。このルカの福音書はこの復活の出来事の第一発見者となったのは女の弟子たちであったということを書いています。しかも、内容を読んでみるとこう書かれています。2017年訳で1節から4節まで読んでみたいと思います。

週の初めの日の明け方早く、彼女たちは準備しておいた香料を持って墓に来た。見ると、石が墓からわきに転がされていた。そこで中に入ると、主イエスのからだは見当たらなかった。そのため途方に暮れていると・・・。

 まず、そう書かれています。この短い言葉で色々なことが分かります。主イエスが亡くなったのが金曜日です。土曜日は安息日ですから、当時のユダヤ人たちは安息日に働くことができませんでしたので、埋葬の備えをすることができなかったようです。それで、週が明ける日曜の朝早くに女の弟子たちは遺体に香油を塗って埋葬の準備をするために墓を訪ねたのです。ところが、墓の石、これは日本のような墓石ではなくて、洞窟のお墓ですから、大きな丸い石で蓋をされていたのです。その石が転がされていて、行って見ると遺体がなくて、途方に暮れていたと書かれているわけです。

 そして、この何でもないような記述、主イエスの復活を告げる聖書の記述が、歴史家たちに、これは本当のことだろうと思わせるに十分な証拠となったのでした。 (more…)

次ページへ »

HTML convert time: 0.631 sec. Powered by WordPress ME