2017 年 5 月 14 日

・説教 詩篇33篇「主にあって喜び歌え」

Filed under: 礼拝説教 — susumu @ 09:49

 

2017.05.14

鴨下 直樹

 
 今日は復活節の第五主日「カンターテ」と呼ばれる主の日です。カンターテというのは、「歌え」という意味で、詩篇98篇1節の「新しい歌を主に歌え」という言葉から取られた主の日です。もうすでに詩篇98篇から説教しましたが、この詩篇33篇の3節にも同じ言葉が記されています。

 宗教改革者のルターはこの詩篇33篇3節からこんなことを言っています。「音楽は、神から与えられたもっとも美しくすばらしい贈り物のひとつです。サタンは音楽をきらいます。それは誘惑を追い払う大きな力をもっているからです」と。ルターは当時の教会と信仰の戦いをしていました。その中で自分の信仰が揺らぐような、悪魔の力を感じるようなことが何度となくあったのだと思います。そういうなかでルターは何度も音楽によって悪魔の誘惑を感じるところから助けられた経験があるのだと思います。ルターはさらにこんなことも言っています。「音楽は神学と並んで神の与えられた栄光の贈り物です。わたしはこの世のなにものをもってしても、この音楽という小さな贈り物と交換することをのぞみません」。音楽は、神学とならんで他に代えがきかないほど大切なものだというのです。神に向かって歌を歌うこと、神への賛美の音楽は、この世界に代わるものがないほど大切なものだとルターは言うのです。

正しい者たち。主にあって、喜び歌え。賛美は心の直ぐな人たちにふさわしい。立琴をもって主に感謝せよ。十弦の琴をもって、ほめ歌を歌え。

 冒頭の1節と2節にこのように記されています。この短い言葉のなかですでに色々なことを考える人があるかもしれません。「正しい人たち」とか「賛美は心の直ぐな人たちにふさわしい」というような言葉を見つけると、自分は正しくないからダメだとか、心が直ぐではないからダメだと考えてしまうかもしれません。とても大切なことですけれども、この詩篇は、神を褒めたたえるように招いているのであって、誰かを締め出そうとして語っているわけではありません。「正しい者たち」というのは、「礼拝に招かれている者たち」という招きです。「心が直ぐな人」も同じです。神の御前に立つ者よ、主に感謝し、ほめ歌を歌えと招いているのです。 (more…)

2017 年 5 月 7 日

・説教 詩篇66篇「全地よ、喜び叫べ」

Filed under: 礼拝説教 — susumu @ 08:37

 

2017.05.07

鴨下 直樹

 
 このゴールデンウィークの29日に東海聖書神学塾の主催でCS教師研修会が行われました。今年は非常に大勢の参加者が与えられました。今年のテーマははじめてパネルディスカッシヨン形式で行われ、4つの教会の子どもの伝道の働きが紹介されました。私は、この集会の司会をさせていただいたのですが、とても刺激的な研修会であったと思います。いくつものアイデアを知ることが出来ましたし、実際にこれからの教会の子どもの伝道についてとてもよく考えさせられました。

 今ら20年ほど前までは今に比べると比較的、教会に子どもを集めることは難しくありませんでした。けれども、オウム真理教の出来事以来、人々は宗教に対して警戒感を強めるようになりました。それで、子どもだけで教会の集まりに参加させるというようなことが難しくなっているわけです。私たちの教会でもそうですけれども、このパネラーの多治見中央キリスト教会の山本先生は、親と子供を一緒に教会に招くという方法に切り替えたということを話してくださいました。宗教は怖いというイメージを持っている人たちに対して、教会がどのように間口を開いていくかという教会の在り方がそこでは問われていると思います。何をやっても、子どもが来ないということではなくて、どうやったら地域の人たちに教会を信頼してもらえるかということを考えていく必要があるわけです。

 今日はひさしぶりに詩篇のみことばを聞こうとしています。この詩篇66篇は、復活節の第四主日と第六主日に読む聖書の箇所となっています。今日は復活節第四週、「ユビラーテ」と呼ばれる主の日です。「全地よ、喜べ」というこの1節から名づけられた主の復活を全世界で喜ぶようにと招かれている日です。また、最後の20節から「いのれ」、「ロガーテ」と言われる日の聖書箇所となっています。

 今日はこの復活節の個所だけではなくて詩篇66篇全体を見て見たいと思っていますが、実はこの詩篇66篇は大きく内容が二つに分かれています。前半部分は1-12節までです。ここでは主語はつねに「私たち」となっていまして、何度も何度も命令形の言葉が繰り返されていまして、イスラエルの民全体、あるいは、全世界の人々に語りかける壮大な神の御業を讃える詩篇です。ところが、13節から20節では主語は「私」となっていて、個人的な神への祈りです。これは、このように考えてくださればと思うのですが、民全体として神の御前に礼拝を捧げている中で、自分としても神に対する喜びや感謝の祈りをささげているようなイメージをもってくださるとよいと思います。

 この詩篇が今の私たちに問いかけている大切なことは、今の世界というのは、個人のことばかりに目が向かってしまいがちで、民全体、あるいは世界全体の喜びということにまであまり目が向かなくなってしまっているのだということに気づかされるわけです。
(more…)

2017 年 5 月 1 日

今月の礼拝予定(2017年5月)

Filed under: 今月の礼拝予定 — susumu @ 13:35

5月6日(土) 夕礼拝

聖餐式礼拝: 午後19時00分
説教:「全地よ、喜べ」 鴨下直樹牧師

5月7日 復活節第四主日

主日主題: 全地よ、喜べ
聖餐式礼拝: 午前10時30分
聖書: 詩篇66篇
説教:「全地よ、喜べ」 鴨下直樹牧師
子ども:「選ばれたマッテヤ」河合和世
聖餐式

午後:役員会

5月14日 復活節第五主日

主日主題: 主に向かって歌え
公同礼拝: 午前10時30分
聖書: 詩篇33篇
説教:「主にあって、喜び歌え」 鴨下直樹牧師
子ども:「ペンテコステ」鴨下愛

午後:礼拝準備会/月間予定確認会、聖歌隊練習、手話講座(15時~)

5月21日 復活節第六主日

主日主題: 祈れ
合同礼拝: 午前10時30分
聖書: 詩篇18篇
説教:田村師、朴師
子ども(合同):「イエス様の力」鴨下愛

午後:愛餐会

5月28日 復活節第七主日

主日主題: 聞いてください
公同礼拝: 午前10時30分
聖書: 詩篇46篇
説教:「神は我らの避け所」 鴨下直樹牧師
子ども:「恐れずに語る」鴨下愛

午後:各部会
教会役員研修会(於:可児教会)

2017 年 4 月 23 日

・説教 詩篇118篇「主の慈しみは永遠に」

Filed under: 礼拝説教 — susumu @ 13:03

 

2017.04.23

鴨下 直樹

 
 先週の月曜日から木曜日まで、私たちの教団の牧師研修会が行われました。今年は、数年前から2017年問題と言われていまして、今年の春に教団の4人の牧師が定年を迎えました。そのために、新しい牧師を祈り続けて、今年3名の新任の牧師たちが与えられました。この三人とも、私たちの教団で信仰の歩みをしておられた方々ではありません。そういうこともあって、今回の教役者研修会は「次世代に贈る言葉」というテーマでした。特に、これまで教団の代表役員をされた渡辺先生と小林先生が2回にわたって、これまで自分がどのように教会を牧会してきたかということについて話してくださいました。私にとっても、大変慰めに満ちた時となりました。

 特にその中で、私が考えさせられたのは、beingとdoing という話しでした。日本語にすると、「存在」と「行為」となると思いますが、神さまとの豊かな交わりによって自分を知るということなしに、何かをすることはどんどん難しくなるということです。たとえるなら、ガソリンが入っていない車が走れないようなものです。「しなければいけないこと」にとらわれて、自分がするべきことにいつも気を配っていると、自分の内面がどんどんカラカラに乾いてしまって、気が付くとするべきことができなくなってしまうのです。

 今日の詩篇は詩篇118篇です。この詩篇は宗教改革者ルターが「私の詩篇」と述べたほど大事にした詩篇です。あるいは、ある旧約聖書の学者は、この詩篇は「個人のほめたたえの歌としては完璧」と言いました。それほど、深い神との交わりを表した詩篇なのです。こういう詩篇をいつも心にとめることを通して、私たちは自分の存在が主の御前に確かなものとされて、喜んで生きることができるようになる。言ってみれば、この詩篇はそのお手本のような詩篇だということができるわけです。

 今日は、先ほど、ドイツから6名の神学生たちが来てくださって、賛美をしてくださいました。彼らも、どうしてわざわざドイツから日本にまでやって来たのかというと、神さまとの豊かな交わりに支えられて、その喜びを何とか日本の人にも伝えたいという思いから、日本に来られたのです。そのように、自分と神さまとの豊かな関係が、私たちが喜んで生きる原動力になるのです。 (more…)

2017 年 4 月 20 日

子どもと親のプログラム(5月のご案内)

Filed under: 子どもと親のプログラム,教会の活動 — susumu @ 15:07

子どもと親のプログラム(2017年5月)

  • Mama’s cafe
    ...5月23日(火)朝10:00~12:00(第4火曜日)
    参加費:300円…デザート&飲み物
     
    ノーバディーズパーフェクト(略NP)から生まれたママ達のおしゃべりサロンです。NP卒業したママや、こひつじクラブのママ、ハレルヤちびっこ、サタデージョイのママ達と、そのお友達にご案内しています!
     
    お申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
    または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。
    (20日頃までにお願いします)。
     
    ★託児はありませんが、ママの近くで乳幼児さんプレイスペースがあります!★
  •  

    • 安心スペースで小さい子連れの方にも好評!パッチワーク会
      ...5月19日(金)朝9:30~12:00
      毎月第3金曜日/茶菓代100円

     

    • 未就園(0歳から)のお子さんと親のプログラム「こひつじクラブ」
      ...5月9日(火)朝10:30~12:00/参加費:親子で200円
      準備の関係で、前の週の土曜日(6日)までに出欠をご連絡ください。⇒連絡フォームはこちら

     

    • 就園児(3歳から)と親のプログラム「ハレルヤちびっこ」
      ...5月13日(土)朝10:30~12:00(毎月第2土曜日)/参加費:親子で200円

     

    • 小学生のためのプログラム「サタデージョイ」
      ...5月13日、20日、27日(土)朝10:00~11:30 参加無料

     

    • 中高大&ユースのクラブ 芥見JC
      ...毎月第3土曜日18時~ 参加費: 200円(夕食つき)楽しいよ!

     
    お問い合わせ・申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
    または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。
     

    2017 年 4 月 16 日

    ・説教 マルコの福音書16章1-8節「復活の朝」

    Filed under: 礼拝説教 — susumu @ 18:56

     

    2017.04.16

    鴨下 直樹

     
     「イースターおめでとうございます!」
     今朝は、イースターです。主イエスがよみがえられた日をお祝いする日です。昨年くらいからでしょうか、ショッピングセンターでも頻繁にイースターという言葉を見かけるようになりました。日本では何でも商売にからめて祭りごとにしてしまう風習がありますが、個人的にはイースターが知られることは大歓迎です。一人でも多くの人に、このとても大切な日に関心をもってもらえることは嬉しいことです。
     先ほども、主イエスの十字架から復活までの紙芝居をしていただきました。これで、今日初めてイースターのお祝いに来られた方々にも、少し、この出来事の物語がお分かりいただけたのではないかと思います。

     最初に私は「イースターおめでとうございます」と挨拶しました。けれども、よく考えてみると、不思議な挨拶です。ドイツでは「おめでとう」というよりも、「イースターの喜びがありますように。」とか「イースターの祝福がありますように」という挨拶をします。

     けれども、死んだ人が生き返るというのは、「おめでとう」と言えることなのでしょうか。喜びなのでしょうか。

     先ほどお読みした、マルコの福音書は、主イエスの復活のことを最初に記録した福音書です。このマルコの福音書は、イースターの朝に起こった出来事の最初の記録です。三人の女たちが、十字架で殺されて墓に葬られている主イエスを、それまでの風習に従って、腐敗を防止するための油を塗りに行こうとしたときのことが記されています。墓に行ってみると、墓の大きな石の蓋はどけられ、そこに青年が座っていて、こう言ったのです。6節と7節です。

    「驚いてはいけません。あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのでしょう。あの方はよみがえられました。ここにはおられません。ご覧なさい。ここがあの方の納められたところです。ですから行って、お弟子たちとペテロに、『イエスは、あなたがたより先にガリラヤへ行かれます。前に言われたとおり、そこでお会いできます。』とそう言いなさい。」

     人が亡くなって、三日目に墓を訪れる。今のように火葬にするわけではありませんでしたから、遺体とふたたび対面するということは、悲しみをもう一度思い出すわけです。けれども、この三人の女性たちは墓まで訪ねました。主イエスを愛していたからです。ところが、墓に行ってみると、遺体がないのです。そして、みたこともない青年が、イエスはよみがえったと報告します。

     その時、何を思ったのか、どう感じたのか。イースターの朝、起こった出来事の結末は次のようにマルコの福音書には記されているのです。8節です。 (more…)

    2017 年 4 月 3 日

    イースターファミリー礼拝のご案内

    Filed under: お知らせ,イベント,教会の活動 — susumu @ 18:01


    イースターファミリー礼拝のご案内

    イースターは『復活祭』という意味です。
    人の罪の贖いのために十字架で死なれたキリストが、
    新しいいのちを私たちに与えるため、
    三日目によみがえった事を記念するものです。
    いのちの希望を与えてくださった喜びの朝、
    ごいっしょに、イースター礼拝(お祝い)をしませんか?
    欧米では子ども達にとっても楽しみなイースター!
    ぜひクリスマスと共に ご家族で嬉しい日として
    覚えていただけると幸いです。

    日時:4月16日(日)午前10時30分~12時頃まで

    • 乳幼児連れのご家族、はじめての方も大歓迎です!
    • 手話通訳、筆記通訳あります。
    • 貸し出しの聖書と賛美歌があります。
    • 服装は自由です。
    • 主への感謝をあらわす自由献金の時間があります
      (参加費はありません。)。

    当日、朝8:30から、
    朝食会(大人400円、子ども200円)をいたします。
    どなたも参加は自由です。(申し込みは前日まで)
    ※9:45から子どもたちは
    エッグハント(たまご探し)などの
    楽しいイベントもあります。

     
    朝食会の参加お申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
    または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。

    2017 年 4 月 2 日

    ・説教 詩篇51篇「きよき心を造りたまえ」

    Filed under: 礼拝説教 — susumu @ 16:13

     

    2017.04.02

    鴨下 直樹

     
     この詩篇はダビデが大きな罪を犯した後の、悔い改めの詩篇です。しかも、ここで問題とされているのは、人の妻を奪い、その夫を殺害し、それを自分の立場を利用して隠すという極めて重い罪です。しかし、このようなダビデの犯した罪は、その犯した過ちの大きさに目が留まってしまいますが、気づかなくてはならないのは、その罪の本質がどこにあるかということです。私たちは「罪」イコール「悪いことをすること」と考えてしまいがちです。この詩篇は自らの罪に対して、ダビデがどのようにそれを乗り越えようとしたのかが記されています。

     今日は、この詩篇に先立って、第二サムエル記12章を読みました。11章で、ダビデがバテ・シェバと関係を持ってしまってから、どうやってその罪を隠そうとしたのかということが記されています。そして、この12章では、そのダビデに預言者ナタンがたとえ話をしながら、ダビデの罪を指摘するということが記されていました。

     「あなたは罪を犯している」と、その人に面と向かって言うのはとてもエネルギーのいることです。だから、私たちが誰かの罪を目の当りにするときに、それを指摘するのも勇気のいることだし、誰かがきっと忠告するだろうと考えて、見なかったことにするということを選び取ってしまうことも、多くの場合、選択肢の一つに入ってしまいます。しかし、預言者ナタンはそうではありませんでした。ナタンは、神の前に罪が忘れられることはないのだと、ダビデの罪を本人に直接指摘するのです。

     ダビデからすれば、自分で反省して、預言者ナタンに助言を求めたということではなくて、うまく隠し通せたと思っているところで、神の前にその罪が明らかにされたのです。ナタンに指摘された時に、バレたという思いになったのではないかと想像します。心臓が急にドキドキしてきて、普通であればどうやって言い訳をしようかと考えるところです。ダビデがここで犯した過ちを考えてみると、ダビデは、バテ・シェバを自分の妻とするために、十戒の罪をことごとく犯しています。

    第十の戒め。「あなたの隣人のものを欲しがってはならない」。第八戒「盗んではならない」。第六戒、「姦淫してはならない」第五戒「殺してはならない」。

     神の御前に隠されている罪などありません。人は神を侮ることはできません。神はすべてのことを御存じです。たとえそれが、人の目には見えなくても、神はすべてを知っておられます。 (more…)

    2017 年 4 月 1 日

    今月の礼拝予定(2017年4月)

    Filed under: 今月の礼拝予定 — susumu @ 08:08

    4月2日 受難節第五主日

    主日主題: きよき心を
    聖餐式礼拝: 午前10時30分
    聖書: 詩篇51篇
    説教:「きよき心を造りたまえ」 鴨下直樹牧師
    子ども:「捕らえられたイエス」鴨下愛
    聖餐式

    午後:聖歌隊練習(礼拝後すぐ)、役員会

    4月9日 受難節第六/棕櫚の主日

    主日主題: 主の苦難
    公同礼拝: 午前10時30分
    聖書: マルコの福音書12章28-34節
    説教:「3つの献身」 渡辺睦夫師
    子ども:「ペテロの否認」河合和世

    午後:聖歌隊練習(礼拝後すぐ)、プロジェクトA、手話講座(15時~)

    4月16日 復活祭(イースター)

    主日主題: 復活
    公同礼拝: 午前10時30分
    聖書: 詩篇113篇1-4節
    説教:「十字架~復活の朝」 鴨下直樹牧師
    子ども:「十字架~復活」山田茜

    朝、礼拝前:朝食会 8:30~、聖歌隊練習 9:00~、
    聖餐式 9:45~
    午後:礼拝準備会/月間予定確認会

    4月23日 復活節第二主日

    主日主題: 永遠の恵み
    公同礼拝: 午前10時30分
    聖書: 詩篇118篇
    説教:「主の慈しみは永遠に」 鴨下直樹牧師
    子ども:「シモン・ペテロ、私を愛するか?」鴨下愛

    午後:避難訓練

    4月30日 復活後第三主日

    主日主題: 主の慈しみ
    公同礼拝: 午前10時30分
    聖書: 未定
    説教:マレーネ・シュトラスブルガー師
    子ども:「イエス、弟子たちを世に遣わす」鴨下愛

    2017 年 3 月 25 日

    子どもと親のプログラム(4月のご案内)

    Filed under: 子どもと親のプログラム,教会の活動 — susumu @ 14:49

    akutami_kodomo_cap201704

    • Mama’s cafe
      ...4月25日(火)朝10:00~12:00(第4火曜日)
      参加費:300円…デザート&飲み物
       
      ノーバディーズパーフェクト(略NP)から生まれたママ達のおしゃべりサロンです。NP卒業したママや、こひつじクラブのママ、ハレルヤちびっこ、サタデージョイのママ達と、そのお友達にご案内しています!
       
      お申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
      または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。
      (22日頃までにお願いします)。
       
      ★託児はありませんが、ママの近くで乳幼児さんプレイスペースがあります!★

     

    • 安心スペースで小さい子連れの方にも好評!パッチワーク会
      ...4月21日(金)朝9:30~12:00
      毎月第3金曜日/茶菓代100円 (年間2回各500円)

     

    • 未就園(0歳から)のお子さんと親のプログラム「こひつじクラブ」
      ...4月11日(火)朝10:30~12:30/参加費:親子で200円
      準備の関係で、前の週の土曜日(8日)までに出欠をご連絡ください。⇒連絡フォームはこちら

     

    • 就園児(3歳から)と親のプログラム「ハレルヤちびっこ」
      ...4月8日(土)朝10:30~12:00(毎月第2土曜日)/参加費:親子で200円

     

    • 小学生のためのプログラム「サタデージョイ」
      ...4月15日、22日(土)朝10:00~11:30 参加無料

     

    • 中高大&ユースのクラブ 芥見JC
      ...毎月第3土曜日18時~ 参加費: 200円(夕食つき)楽しいよ!

     

    • イースター礼拝(合同)
      ...4月16日(日)
      8:30~朝食会
      9:45~エッグハント
      10:30~12:00 礼拝

     
    お問い合わせ・申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
    または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。
     

    次ページへ »

    HTML convert time: 0.848 sec. Powered by WordPress ME