2017 年 9 月 10 日

・特別伝道(ファミリー)礼拝説教 コリント人への手紙第二 2章10節「聖書が語る愛」

Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 12:52

2017.09.10

鴨下 直樹

⇒ 説教音声はこちら

 今日は、みなさんと一緒に「聖書が語る愛」について考えてみたいと思います。それで、今日の聖書の箇所から考えてみたいのですが、少し背景を理解するために5節から11節を読んでみたいと思います。

 少し想像力を働かせて読まないと分かりにくいのですが、どうも、この教会で何か悪いことをしてしまった人がいたようです。そして、そのために「多数の人から処罰を受けた」ということが6節に書かれています。多数の人から罰されたわけですから、どうもその人は誰の目から見ても悪いと言われることをしてしまったようです。そこで、少し考えてみたいのですが、誰かが明らかに悪いことをしてしまったときに、自分がその人に反省を促す立場、あるいは自分が被害者だった場合、どうするのでしょうか。

 少し、分かりやすいイメージをして貰うために、ある親子をイメージしてみてください。ある夫婦に、子どもがおりました。その子どもが何か悪いことをしてしまったとします。もう一度言いますが、ある家族です。我が家の話ではないことにしておきます。親がそのことを厳しく叱ると、子どもはわがままを言い、泣き始めます。親としては反省して欲しいわけですが、ひたすら泣き続ける。それで、ようやく子どもの口からごめんなさいという言葉が出て来ました。さて、みなさんならその後どうするでしょうか。三択です。

  1. ぐちぐちと、何が悪いのか、それがどう悪いことなのかを更に言い続ける。
  2. 本当に理解したかどうか確認するために、自分の口で何が悪かったかを言わせるようにする。
  3. 「もういいよ。」と言って子どもを抱きしめる。

 こうやって三択にしますと、賢いみなさんは、3番が正解なんだろうなということに察しがつくかもしれません。けれども、実際は1か、2を選択することがしばしばなのだろうと思います。いかがでしょうか。

 今日の聖書に書かれているのは、そういう明らかに悪い人がいたというケースで、パウロはどうするといいと教えているのかというと、8節でこう言っています。

そこで、私は、その人に対する愛を確認することを、あながたたに勧めます。

 この悪いことをしてしまった人は、みんなに責められて処罰された後、教会の人たちからの愛を感じているのか、そのことを確認してみなさいと、問いかけているわけです。 (more…)

2017 年 9 月 3 日

・説教 第二テモテ1章6-8節「世界の変革ー私たちに働く神の力によってー」

Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 13:52

2017.09.03

ドイツ・アライアンスミッション宣教局長 トーマス・シェヒ師

通訳 マレーネ・ストラスブルガー師

⇒ 説教音声はこちら

子どもと親のプログラム(9月のご案内)

子どもと親のプログラム(9月のご案内)

  • Mama’s cafe
    ...9月26日(火)朝10:00~12:00(毎月第4火曜日です)
    参加費:300円…デザート&飲み物
     
    ノーバディーズパーフェクト(略NP)から生まれたママ達のおしゃべりサロンです。NP卒業したママや、こひつじクラブのママ、ハレルヤちびっこ、サタデージョイのママ達と、そのお友達にご案内しています!
     
    お申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
    または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。
    (23日頃までにお願いします)。
     
    ★託児はありませんが、ママの近くで乳幼児さんプレイスペースがあります!★
  •  

    • パッチワーク会(最終回)
      ...9月15日(金)朝9:30~12:00
      第3金曜日/茶菓代100円
    • (予告)【プレ】てしごとの会
      ...10月18日(水)、11月8日(水)朝9:30~12:00
      茶菓代100円

     

    • 未就園(0歳から)のお子さんと親のプログラム「こひつじクラブ」
      ...9月12日(火)朝10:30~12:00/参加費:親子で200円
      準備の関係で、前の週の土曜日(9日)までに出欠をご連絡ください。⇒連絡フォームはこちら

     

    • 就園児(3歳から)と親のプログラム「ハレルヤちびっこ」
      ...9月9日(土)朝10:30~12:00(毎月第2土曜日)/参加費:親子で200円

     

    • 小学生のためのプログラム「サタデージョイ」
      ...9月2日、9日、16日、30日(土)朝10:00~11:30 参加無料
    • (予告)こどもフェスティバル開催!
      ...10月28日 場所:庄内緑地公園

     

    • 中高大&ユースのクラブ 芥見JC
      ...毎月第3土曜日18時~ 参加費: 200円(夕食つき)楽しいよ!

     
    お問い合わせ・申込みは教会まで 電話 ♪058-243-5798
    または⇒こちらのフォームからメッセージを送信してください。
     

    2017 年 9 月 1 日

    今月の礼拝予定(2017年9月)

    Filed under: 今月の礼拝予定 — susumu @ 13:11

    9月3日 三位一体後第12主日

    主日主題: 宣教
    聖餐式礼拝: 午前10時30分
    聖書: テモテへの手紙第二 1章6-8節
    説教:ドイツ・アライアンスミッション代表 トーマス・シェヒ師
    子ども:「ダビデ王~振り返り」村上進
    聖餐式

    午後:役員会

    9月10日 三位一体後第13主日

    主日主題: ファミリー礼拝「聖書が語る愛」
    合同礼拝: 午前10時30分
    聖書: コリント人への手紙第二 2章10節
    説教:「聖書が語る愛」 鴨下直樹牧師
    子ども:(合同)

    午後:聖歌隊練習(14時~)、手話講座(15時~)

    9月17日 三位一体後第14主日

    主日主題: 癒し
    公同礼拝: 午前10時30分
    聖書: マルコの福音書1章29-39節
    説教:「シモンの思い」 鴨下直樹牧師
    子ども:「ダビデ、神の箱をエルサレムに運ぶ」鴨下愛

    午後:礼拝準備会/月間予定確認会

    9月24日 三位一体後第15主日

    主日主題: 教団の日「憧れ」
    公同礼拝: 午前10時30分
    聖書: マルコの福音書1章40-45節
    説教:「憧れを失わず」 鴨下直樹牧師
    子ども:「ソロモンの知恵」河合和世

    午後:教団の日(於:岐阜教会)

    2017 年 8 月 27 日

    ・説教 ヨナ書2章8-10節「宣教の港」

    Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 13:53

    2017.08.27

    田中啓介師

    ⇒ 説教音声はこちら

    2017 年 8 月 20 日

    ・説教 マルコの福音書1章21-28節「礼拝の起源」

    Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 22:02

    2017.08.13

    鴨下 直樹

    ⇒ 説教音声はこちら

     先週の11日にデイキャンプが根尾山荘で行われました。今回、教団の教会全体に案内を出したのがはじめてということもあったのですが、スタッフ合わせて90名の参加者がありました。芥見からも沢山の方が参加してくださり、また、助けていただいてとても感謝でした。キャンプの間、雨も時々パラパラと降りましたが、予定通り何とかバーベキューはすることができました。残念ながらその後で雨が降り始めてしまいましたので、キャンプファイヤーは食堂で行いました。

     ですからもちろん、火はないわけですが、そういう気持ちで、最後の集会を行ったわけです。けれども、子どもたちを合わせて90人というのはなかなかの人数です。Oさんが手品をしてくださり、Mさんが司会をしてくださり、とても楽しい時となりました。このキャンプファイヤーの最後に伊藤牧師が「礼拝」をテーマにメッセージをしてくださいました。そこで、あるカトリックの司祭の言葉を紹介してくれました。「礼拝とは遊びである」。その司祭は礼拝のことをこう表現したというのです。伊藤牧師のメッセージを聞く中でそれがどういう意味なのかが少しずつ分かって来たのですが、それは、「夢中になるほど楽しいこと」という意味だったようです。

     礼拝は夢中になるほど楽しい。そんな言葉を聞くと、ちょっと首をかしげたくなるかもしれません。それはどういうことなのでしょうか。今日の聖書の箇所にその答えがあります。今日の聖書は、主イエスが最初に会堂を訪れたことが記されている箇所です。その様子を少し注意深く見て見たいと思います。

    それから一行はカペナウムにはいった。そしてすぐに、イエスは安息日に会堂にはいって教えられた。

    と21節にあります。「一行」というのは主イエスと弟子たちのことです。主イエスの弟子となったばかりの人たちがこの中に含まれていたはずです。主イエスとともに歩むようになって最初の安息日を迎えました。

     安息日というのは、この時代のイスラエルの人々にとってとても大切な日でした。仕事を休んでその日は、会堂に行って聖書の教えを聞く日、それが安息日の過ごし方と考えられていました。弟子になったばかりのシモンやアンデレ、ヨハネやヤコブがその前の週までどのように過ごしていたかは分かりません。ただ、この日は主イエスと一緒に会堂に出かけます。そして、おそらくそこで初めて聖書を解説する主イエスの説教というのを聞いたのです。
    (more…)

    ・説教 ルカの福音書4章1-13節「荒野の試み」

    Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 13:55

    2017.08.20

    川村江弥師

    ⇒ 説教音声はこちら

    2017 年 8 月 6 日

    ・説教 マルコの福音書1章16-20節「漁師イエス」

    Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 13:53

     

    2017.08.06

    鴨下 直樹

    ⇒ 説教音声はこちら

     いつも、夏になりますと、私たちの教会では信徒交流月間ということで、水曜日と木曜日の祈祷会の時に、信徒の方々が証をするときとなっています。今年も、水曜日にはTさん、木曜日にはYさんがそれぞれ証しをしてくださいました。両方合わせて20名以上の方々が出席くださいました。

     水曜日にTさんは、イザヤ書52章7節の「良い知らせを伝える者の足は、何と美しいことよ」のみことばから、誰もが自分に福音を伝えてくださった人がいるはずというところから話してくださいました。お話を聞きながら、改めて、自分に福音を届けてくれた人は誰だっただろうかと思いだしながら、またお話を聞いた後で、自由に語りあう機会を持ちました。木曜日のYさんは、ご自分の若いときから今に至るまでの信仰の経緯をお話しくださいました。この日もまたその後で、みなさんYさんの証に刺激されて、自分はどのように信仰に至ったかという話しをしてくださいました。

     救いの証というのは、人によってはもう何回か聞かせていただいた方もありますけれども、何度聞いても、自分がどのように救いに導かれたのかという話しを聞く時というのは、嬉しい時です。そして、毎回思わされるのは、誰もがみなそうですけれども、主イエスとの出会いを通して、変えられていくのだということを改めて覚えさせられるのです。

     今日の箇所もそうです。いよいよ、ここからは、主イエスの伝道の姿が具体的に記されているところです。そして、ここで何が書かれているかというと、シモン、アンデレという漁師であった兄弟と、またヤコブとヨハネという漁師の兄弟が主イエスの弟子になったということが記されているわけです。伝道の旅を始めるにあたって、主イエスは、まず初めに、一緒に旅をする仲間をお集めになられたわけです。
    (more…)

    2017 年 8 月 1 日

    今月の礼拝予定(2017年8月)

    Filed under: 今月の礼拝予定 — susumu @ 14:27

    8月6日 三位一体後第8主日

    主日主題: 漁(すなど)る
    聖餐式礼拝: 午前10時30分
    聖書: マルコの福音書1章16-20節
    説教:「漁師イエス」 鴨下直樹牧師
    子ども:「エペソでの宣教」鴨下愛
    聖餐式

    午後:役員会

    8月13日 三位一体後第9主日

    主日主題: 礼拝
    公同礼拝: 午前10時30分
    聖書: マルコの福音書1章21-28節
    説教:「礼拝の起源」 鴨下直樹牧師
    子ども:「ローマへ」鴨下愛

    午後:愛餐会(流しそうめん)、聖歌隊練習(14時~)、手話講座(15時~)

    8月20日 三位一体後第10主日

    主日主題: 聖
    公同礼拝: 午前10時30分
    聖書:
    説教:川村江弥師
    子ども:合同

    午後:

    8月27日 三位一体後第11主日

    主日主題: 創り主
    合同礼拝: 午前10時30分
    聖書: ヨナ書2章8-10節
    説教:「宣教の港」 田中啓介師
    子ども:合同

    午後:

    2017 年 7 月 23 日

    ・説教 マルコの福音書1章14-15節「時が満ちた!」

    Filed under: 礼拝説教,説教音声 — susumu @ 09:13

     

    2017.07.23

    鴨下 直樹

    ⇒ 説教音声はこちら

     私たちが聖書を読む時に、いくつもの驚きを発見します。私自身、今水曜日と木曜日の祈祷会で、このマルコの福音書を先立って一緒に読み進めています。そこでは礼拝ではほとんど語れない細かな所まで丁寧に学びながら、みなさんと一緒に考える時を持っています。そこでとても嬉しく思うのは、参加しておられるみなさんが本当によく聖書を理解する力を持っているということです。ところが、そうやってとても丁寧に聖書を学びながらも、このための説教の原稿を整える時には、さらにその時の何倍もの驚きを発見するのです。ですから、祈祷会で学んだとおりに説教するということには不思議とならないわけです。それほどに、聖書の言葉には深みがあるのです。

     ここで、「ヨハネが捕えられて後」と書かれています。何故ヨハネが捕えられることになったのか。その経緯についてはマルコの福音書の6章まで待たなければなりません。けれども、ヨハネはこの時代、非常に大きな影響力をもっていました。6章を読みますと、ヘロデ王自身、「ヨハネを恐れて保護を加えていた」と書かれているほどです。ただ、荒野で騒ぎ立てている薄汚れた預言者というようなことではなかったのです。

     そのヨハネが捕えられる。たいていの場合、そこで何を考えるのでしょうか。ヘロデに一目お置かれていたヨハネでさえ捕えられてしまうのであるなら、逃げた方がいいのではないかと考えるのが普通です。ですから、つづいて記されています「イエスはガリラヤに行き」という言葉をそのように理解した人たちが少なくなかったのです。主イエスはヨハネが捕えられて、自分も危ないと思って、ガリラヤ、つまり自分の故郷に帰った。そうして、故郷で人知れず、こっそり伝道を始められた・・・。マルコの福音書の書き方はそのように読まれても仕方がないような書き方です。あまりにも、説明不足なのです。けれども、そのように読んでしまうと、どうしてもつづく主イエスの言葉の響きが暗くなってしまいますから、そうは読めないわけです。
    (more…)

    次ページへ »

    HTML convert time: 0.694 sec. Powered by WordPress ME