2024 年 1 月 7 日

・説教 ルカの福音書11章1-4節「祈りの呼びかけ、父よ!~主の祈り2」

Filed under: YouTube動画,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 00:15

2023.1.7

鴨下直樹

⇒ 説教音声のみの再生はこちら

「祈りとは天と地が口づけするようなものである」

 私がこの言葉を耳にしたのは、北海道に向かうフェリーの中でした。もう20年ほど前のことになるでしょうか。教団の学生キャンプを北海道で行ったことがあります。その時のテーマは「主の祈りを学ぶ」というものでした。その中でこの言葉を私に教えてくださったのは、芥見教会の前任の浅野直樹牧師でした。

 フェリーに乗って京都の舞鶴港を出て、日本海から北海道の函館を目指します。1日半の船旅ですが、甲板に出ても見えるのは、ひたすら海と水平線です。その水平線を見ながら、「祈りとは天と地が口づけするようなもの」との言葉を耳にしたのです。私の心の中に、深くその言葉が刻まれました。

 天と地を結びつけるもの。私たちは普段、地平線も水平線も見えないような山際に住んでいます。目に入るのは建物であり、山で遮られた世界です。それはそれで味わいがありますが、天と地が結びつくイメージはなかなか描けません。祈りとは天と地を結びつけるものだというのです。

 私たちがこの地上から祈りを捧げる時、それは天と繋がりを持つ。もっと言えば、祈りだけが、天と地を結びつけるものなのです。

 この時、主はこの祈りを教える中で、「父よ」と呼びかけています。この天地を創造されたお方を父と呼ぶ。これが、天と地を結びつける祈りの呼びかけです。神は、私たちの父である。この呼びかけが、天と地を結びつけるのです。

 この「父よ」との呼びかけは、主イエスの弟子たちにとって驚きであったに違いありません。神は、「ヤハウェ」という名を持っています。けれども、この神の御名は軽々しく口にして良いものではありませんでした。十戒で、「主の御名をみだりに唱えてはならない」と戒められているほどです。それで、「主」(アドナイ)という言葉を代わりに使ったのです。

 しかも、この父よという呼びかけは「アバ」という呼びかけでした。「アバ」というのは幼児語です。生まれた赤ちゃんが最初に口にする言葉であるとも言われています。そんな誰もが使うような言葉で、畏れ多い神に呼びかけるようにと、主イエスは教えられたのです。

 子どもが生まれて、それまで「オギャー」と泣いていた赤ちゃんが、ある時から「ママ」と呼び「パパ」と呼ぶようになる。これは親にとっては感動の経験です。子どもを得て、最初の感動と呼べるものかもしれません。この赤ちゃんは、この子どもは自分の子であるという感動が、この呼びかけにはあるのです。

 そして、驚くのは父なる神ご自身が、そのように呼びかけられることを願っておられるのだという事実です。「御名をみだりに唱えてはならない」という戒めから受ける印象とは、まるで真逆な印象を受けるのではないでしょうか。 (続きを読む…)

HTML convert time: 0.150 sec. Powered by WordPress ME