2023 年 12 月 31 日

・説教 コリント人への手紙第一 16章14節「愛すること覚える一年」

Filed under: YouTube動画,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 07:12

2023.12.31

鴨下直樹

⇒ 説教音声のみの再生はこちら

「一切のことを、愛をもって行いなさい。」 

コリント人への手紙第一16章14節

 パウロのコリントに宛てた手紙の最後に記した結びの言葉と言ってもいいのが、この言葉です。これは、2024年のローズンゲンによる年間聖句です。

 「一切のことを、愛をもって行いなさい。」とパウロはここで語っています。パウロがコリントの教会に宛てた手紙の最後で、どうしてもこの言葉でまとめたかった言葉、そう言っていいと思います。

 芥見に来てから、かなり丁寧に聖書の講解をしていますが、まだコリント人への手紙は取り扱っていません。このコリントの教会はかなり問題を抱えていた教会だったと言えます。少しこの手紙に何が書かれているか、概略をお話しすると、このコリントの教会がどれほどの問題を抱えていた教会だったかということが見えてきます。

 まず、この手紙の第1章には、争い、仲間割れがあり、自分たちの知恵を誇ったとあります。2章では成熟していない人々だったと記されています。3章ではこの教会の人々は、肉に属する人々とあり、4章では自分を誇り、人を見下していると書かれています。5章では教会の人々の中にみだらな行いがあり、6章では仲間と言い争い、仲裁できずに裁判に訴えることが問題とされています。7章では、結婚関係に問題を抱えていることが挙げられ、8章では偶像に捧げた肉のことで争いがあったことが記されています。

 ここ迄でまだ半分ですが、もうこれ以上あげなくてもいいかもしれません。どうでしょうか。ちょっとこんな教会の牧師になるのは嫌だなと、思ってしまいたくなるほどの問題の数々です。これらの内容から分かるのは、コリントの教会の人々は、キリストの福音に触れているはずなのに、その福音がなんら生活に影響を与えていなかったと言えるのかもしれません。

 福音が分かっているはずなのに、分かっていないのです。

 昔、東京の銀座教会で牧師をしていた渡辺善太牧師が、『わかって、わからないキリスト教』というタイトルの説教集を出されたことがあります。

 その説教の中で、キリスト者が信仰に進むためには、必ずと言っていいほどの三つの段階があると言っています。まず第一段階は「わかったゾ」という段階です。信仰に至るには皆それぞれ違いがありますが、「わかった」という時には、神がこの天地を創造された方であることがわかる。自分が罪人だということがわかる、そう言って洗礼に進んでいくと言います。

 次の第二段階は「わかって、わからない」という段階が来ると言います。そこでいろんな方の証を聞いてみると、自分にはあまり神様が働いているように感じない、神の力があまり感じられないことに気づくわけです。そうなると、自分の信仰はどこかおかしいのではないかと疑問を抱くようになります。あるいは、教会に来て、一年なり二年なり経つようになるとだんだんと他の人のイヤな部分が見えるようになってくる。そこで、わかったはずなのに、わからないという部分が出てくるために、迷いが生じるようになるというのです。

 そして、そこから抜け出すためには、主イエスに従っていくことを主イエスが求めておられることに目を向けるようなっていく必要があることを語っています。そうして、このお方、主イエスに自分をかけること、頭だけの理解だけではなくて、自分が、み言葉に生きることが、必要なのだということに気づくようになると言っています。

 そして、三段階目として「わかって、わかった」という部分にたどり着くわけです。この三段階目に来て、「信仰は何でなくて、何か」ということがわかるようになると言います。「何でない」というのは、たとえば「律法ではない」とか、「戒めではない」ということが分かってくる。福音に生きるということがわかるようになるというのです。そうなると、それまで「点」で理解していた信仰が「線」で繋がるようなって、信仰が動き出すようになるというのです。道筋が見えるようになるというのです。 (続きを読む…)

2023 年 12 月 30 日

2024年の元旦礼拝はありません

Filed under: お知らせ — susumu @ 00:16

2024年1月1日は、元旦礼拝はありません。1月7日に新年礼拝を行います。

2023 年 12 月 24 日

・説教 ルカの福音書11章1-4節「祈りをおしえてください~主の祈り1」

Filed under: YouTube動画,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 10:28

2023.12.24

鴨下直樹

⇒ 説教音声のみの再生はこちら

 クリスマスおめでとうございます。クリスマスにお生まれになられた主イエスの祝福が皆様の上にありますようお祈りします。

 今日は、クリスマス・イブです。でも、今は朝の礼拝なので、イブというのはなんだか変な感じがするかもしれません。みなさんは、今日の週報に待降節第四主日と書かれているので不思議に思われる方もあるかもしれません。

 「クリスマス・イブというのはクリスマスの前夜祭です」そんな説明が巷ではなされることがあります。そういう理解だと、今日のような24日の朝の礼拝が、待降節第四主日だということが分からなくなってしまうのかもしれません。

 当時のイスラエルの暦というのは、日が暮れたところから一日が始まるという理解があります。ですから、24日の夜に主イエスがお生まれになったと考えると、その日はすでにイスラエルの考え方では25日になったわけで、それで25日がクリスマスということになったのです。でも、私たちの暦では深夜の12時を過ぎてから日付が変わります。主イエスがお生まれになられた夜は、まだ24日ですから、24日の夜のことを「クリスマス・イブ」と言ったり、「聖夜」と言ったりするわけです。

 ですから、今朝のこの24日の礼拝は、厳密に言うと日が暮れていませんからクリスマス・イブではないことになります。なので、今朝は少しまだるっこしいのですが待降節第四主日という言い方になってしまうのです。

 先ほど、私たちはスキット(寸劇)で宿を探すヨセフとマリアの場面の聖書の物語を聞きました。人々が、長い間待ち望んでいたはずの救い主がお生まれになられるのに、実際にはそのことに誰も気づかなくて、マリアとヨセフは宿を見つけることができなかったのです。とても残念な出来事でした。

 今日の礼拝は、子どもたちも一緒にこうしてみ言葉を聞いています。この日の夜、サンタさんがクリスマスプレゼントを持ってきてくれることになっています。どうでしょう、子どものみなさんは、明日の朝、プレゼントが届いているのに、それに気づかないなんてことがあるでしょうか? もし気づかなかったら血眼になって探すかもしれないですね。
 
 私が小さかった時、小学生の低学年の時に、朝起きるとクリスマスプレゼントにセーターとくつ下が入っていたことがありました。そういう時代だったといえばそうなのかもしれませんが、子どもの私は、その事実を受け入れることができませんでした。欲しいものが沢山あったのに、よりによってセーター? くつ下? 弟も姉も、その年は同じような衣類で、微妙な顔をしていました。もう記憶があまりないのですが、たぶん両親に泣いて抗議したのだと思います。でも、もうプレゼントは届いてしまっているわけで、返品も交換もできません。

 願い事というのは、強ければ強いほど、それが実現した時には、「願ったものはこんなものではない」という思いが強くなるのかもしれません。

 旧約聖書の時代から、神の民であるイスラエルの人々は救い主が与えられることを願い、祈り続けて来ました。そして、待ちに待った救い主が、この夜にお生まれになられました。今は、世界中でこのクリスマスのお祝いをしています。救い主イエス・キリストのことをよく知らない人でさえ、このクリスマスをお祝いしています。

 けれども、お生まれになられた時は、誰もマリアのお腹に神の御子であられる救い主が宿っておられるとは気づきませんでした。それこそ、どこにも身重のマリアを泊める家もないほどに、無関心だったのです。あんなに楽しみにして、長い間たくさんの人たちがお祈りしてきたのに、ちょっとびっくりしてしまいます。 (続きを読む…)

2023 年 12 月 17 日

・説教 ルカの福音書10章38-42節「マルタへの福音」

Filed under: YouTube動画,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 00:04

2023.12.17

鴨下直樹

⇒ 説教音声のみの再生はこちら

 何年か前のことです。誰と話したのかあまり覚えていないのですが、その方は、「私はこのマリヤとマルタの話が嫌いです」と言われました。その言葉だけが私の耳に残っています。「一所懸命奉仕をして、もてなしているのに、これではマルタが浮かばれない」ということのようでした。

 反対に、この話が大好きですという方も何人かあるのだと思います。よく知られた話です。私自身も、聖書の話ということとは関係なく、「どちらが正しくて、どちらかが間違っている」と一方的に断罪される話はあまり好きではありません。そのどちらにも言い分というものがあると思うからです。

 実際どうだったのでしょう。マルタはこの時、主イエスに咎められて胸が締め付けられたのではなかったか。「どうして自分ばかりが損な役回りをしなければならないのか」そんな思いが心の中に浮かんできたのではないかと思うのです。

 私たちの周りには理不尽な出来事というのはいくらでも存在します。私たちはこの「理不尽さ」というものに対して、子どもの頃から立ち向かって生きていると言っても言い過ぎではないと思うのです。細かな例を上げなくても、みなさんも心の中にいくつも浮かんでくるのではないでしょうか?

 そんな時、私たちは理不尽さに対して憤りを覚えたり、心をすり減らしたりしながら耐えている。職場でも、家の中でも、地域の中でも、この理不尽さというものは存在するのです。

 マルタの家に主イエスたち一行がやってまいりました。前の話の流れからすれば72人という大所帯です。もし主イエスと12人の弟子たちだけであったとしても13人いますから、もてなす方としてはかなり大変だということは想像できます。

 前のところで、主イエスが律法学者のシモンの家を訪ねたときには、ここでは「あなたは足を洗う水をくれなかった」と言われています。そんな主イエスの言葉を耳にしていたとすれば、弟子たちの足を洗う水の準備だけでも大変だったと思うのです。今のように水道のある世界ではありません。もし72人もいたと考えると、考えるだけでも恐ろしいことです。

 今の日本のようにお茶を出す習慣があったとは思いませんが、手を洗う水や、飲み水の準備もあったかもしれません。弟子たちを座らせるだけでも、一苦労だったに違いないのです。

 そして、気づくと、おそらく妹だと思うのですがマリアを見ると、弟子たちと一緒になって腰を下ろしている。

 私がマルタでも、マリアに一言言ってやりたい気持ちになるのは当然のことです。もちろん、マルタにも良くないところがあります。せめてマリアの耳元で「ちょっと大変だから手伝って!」と言えばよかったことを、こともあろうに主イエスに当たるかのように言ってしまいました。 (続きを読む…)

2023 年 12 月 10 日

・説教 ルカの福音書10章25-37節「隣人となる愛」

Filed under: YouTube動画,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 00:08

2023.12.10

鴨下直樹

⇒ 説教音声のみの再生はこちら

 今日の聖書の箇所は「善きサマリア人のたとえ」と呼ばれるところです。ルカの福音書の譬え話の中でもよく知られた譬え話です。

 内容は、お聞きいただければよく分かると思います。隣人を愛することとはどういうことなのかが、記されています。しかも、この譬え話は、イメージしやすい物語として語られています。ここに出てくるサマリア人というのは、ユダヤ人たちとはあまり仲が良くありません。言ってみれば敵対関係にあるような、そんな民族同士の争いを抱えている間柄です。そして、この物語の主人公となるサマリア人は、まったく偶発的に、この出来事に巻き込まれていくわけで、隣人を愛そうと思って、愛の業を行ったという話ではないのです。

 こういう話を私たちが読む時に、どうしても考えてしまうのは、どうしたら私たちは隣人に親切にできるようになるだろうかということです。道徳の教科書でも読むかのようにして、この譬え話から、「教訓」を導き出そうとしてしまうのです。けれども、私たちはそういう聖書の読み方を、一度立ち止まってよく考えてみる必要があります。

 このような出来事は、私たちの周りにはいくらでもあります。そして、私たちはこういう出来事を経験する時に、いわゆる「建前」としては、何をどうしたら良いかということは、よく分かります。けれども、「実際のところ」あるいは「本音」では、それができないということに直面させられるのです。

 先日、ある牧師から連絡をいただきまして、今、拘置所にいる方が教会に手紙を書いてきて、コンタクトを取りたいと言ってきているというのです。自分は対応できないので、岐阜県のキリスト教会の教誨師の方を紹介して欲しいということでした。拘置所にいるということは、今裁判中ということのようです。私はその話を伺って、教誨師を紹介しました。ところが、その教誨師は現在、病気の治療中であり、また自分は日本人ではないので手紙でコンタクトを取ることが難しいという返事が返ってきたということでした。あとでこの牧師から直接お話を伺ったのですが、刑務所にいる受刑者の方への教誨師の働きはされておられたのですが、裁判中の拘置者と連絡を取ることは困難だというご事情があったようでした。

 私はその話を聞きながら、このサマリア人の譬え話の、祭司やレビ人と同じことが起こっているなと感じるわけです。今困っている人を助けたいという気持ちはあるけれども、いろんな事情があって助けることができないのです。きっとこの譬え話に出てきた祭司やレビ人にだって、説明のつく助けられない事情があったのです。

 一方で、やはり助けてやるべきではないか、という思いがないわけではありません。けれども、そう思うと同時に、この話の相談を受けた私自身の中にも、この牧師はその立場にいるからやるべきだけれども、その時に私自身はどこか外からそれを眺められる所に立っているのだということもまた、考えさせられてしまうのです。

 結果としてどうなったのかというと、はじめに連絡をしてきてくださった牧師が直接対応されることになったようです。私も、何かあればコンタクトを取りますと昨日お伝えしたところでした。

 私たちは、「建前」では、何をすることが良いことなのかということは、誰でもある程度理解できます。けれども、実際にそれを行う時の難しさというものをどうしても意識せざるを得ないのです。 (続きを読む…)

2023 年 12 月 3 日

・説教 ルカの福音書10章17-24節「恵み、このすばらしきもの」

Filed under: YouTube動画,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 00:52

2023.12.3

鴨下直樹

⇒ 説教音声のみの再生はこちら

 今日の聖書箇所を読んで私たちの心に印象として残るのは、弟子たちの喜びの姿です。72人の弟子たちが伝道に派遣されて、戻って参りました。そしてお互いの顔を見合わせて喜んだのです。何を喜んでいたのかというと、17節に書かれているように、「主よ。あなたの御名を用いると、悪霊どもでさえ私たちに服従します。」ということでした。

 きっと派遣される前の弟子たちは緊張していたと思うのです。伝道がうまくいくのかどうか。前の9章に記されていた弟子たちの姿というのは「こんなにもダメな弟子たち」という説教タイトルにしなければならなかったほどのダメっぷりでした。

 主イエスが山の上でモーセとエリヤと共に光り輝いていた時も、地上では残りの弟子たちは悪霊を追い出すことができず、右往左往するしかなかったのです。そんな弟子たちでしたから、今度もうまくいかないのではないかと心配だったに違いありません。不安を抱えていたに違いありません。

 ところが、今度は「自分にもできた!」という経験をすることができたのです。弟子たちがどれほど嬉しかったかは、私たちにも容易に想像できます。

 私たちは、毎日あらゆるメディアを通して、知恵のある人や、経験の豊富な人が成功するという情報を耳にしています。そして、うまくできない人というのは努力を怠った人だという評価をされることを知っています。そのような共通理解があるために、実に多くの人々が苦しんでいることも知っています。誰だって喜びたいと思っているはずです。誰だって、できないよりは出来た方が幸せだし、そういう成功者の仲間入りをしたいと望んでいます。

 しかし、そうできないという現実が私たちを苦しめます。できる部分もあるはずなのですが、出来ない部分で人は苦しみを担うのです。自分はダメだという落胆、心が満たされないという不満、そうして、もう何もしたくないという絶望感が生じて、そんな思いが更に私たちを苦しめるのです。

 主イエスの弟子たちは決して知恵があったわけではなかったでしょう。経験が豊かだったわけでも、自信があったわけでもない、私たちと何も変わらない人たちです。弟子になってから日も浅く、分からないことだらけ、不安だらけ、そんな中で伝道に遣わされて行ったのです。そうした中で、主イエスの言葉に聞き従った時に何が起こるのかを、弟子たちは経験したのです。

 自分たちの語る言葉、福音が目の前で現実的な救いの出来事となっていくのを目の当たりにしたのです。語った言葉が、光となり、人々の希望となっていったのです。それが、「悪霊どもでさえ私たちに服従します。」という言葉の中に込められています。

 弟子たちは嬉しかったに違いありません。喜びを感じたし、生き甲斐を覚えたと思うのです。すると、主イエスはここで、その弟子たちにまず18節から20節の言葉を語りかけました。19節にこうあります。

「確かにわたしはあなたがたに、蛇やサソリを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を授けました。ですから、あなたがたに害を加えるものは何一つありません。」

 この主イエスの言葉は、どれほど弟子たちを力づけたことでしょう。主イエスの言葉は、弟子たちの中に今すでに与えられているものが何なのかを、ここで明らかにしているのです。あなたがたは、自分のことを自信のない小さな存在としか思っていないのかもしれない。けれども、わたしはあなたがたにサタンにも打ち勝つことのできる権威を与えている。そのために、サタンはあなたがたに何もできないのだと言われたのです。 (続きを読む…)

2023 年 12 月 1 日

クリスマス燭火礼拝のご案内

Filed under: お知らせ,イベント — susumu @ 11:38

S__30826522

クリスマス燭火礼拝(キャンドルサービス)

日時: 2022年12月24日(日) 朝 10時30分 ~ 12時
場所: 芥見キリスト教会(岐阜市芥見南山1丁目8-8)
 
入場無料・どなたでもご自由にご参加いただけます。
礼拝後にクリスマス祝会が行われます。持ち寄りによるビュッフェ形式の食事会です。
 


※ (旧)統一教会、エホバの証人(ものみの塔)などは、キリスト教系をうたう新興宗教で、聖書の教えとは異なります。私たちの教会はこれらの団体とは関係がありません。

今月の礼拝予定(2023年12月)

Filed under: 今月の礼拝予定 — susumu @ 11:33

12月3日 待降節第1主日

主日主題: 父・子・聖霊
聖餐式礼拝: 午前10時30分(Zoom配信)
聖書: ルカの福音書10章17-24節
説教:「恵み、このすばらしきもの」鴨下直樹牧師

礼拝後:新・部会、誕生月の方のための祈り、壮年会食事懇談会

12月10日 待降節第2主日

主日主題: 隣人愛
公同礼拝: 午前10時30分(Zoom配信)
聖書のお話:「マリヤとヨセフへのお告げ」河合和世
聖書: ルカの福音書10章25-37節
説教:「隣人となる愛」鴨下直樹牧師

礼拝後:聖歌隊練習、拡大役員会

12月17日 待降節第3主日

主日主題: 神の言葉
公同礼拝: 午前10時30分(Zoom配信)
聖書のお話:「羊飼いへのお告げ」宮崎恵美子
聖書: ルカの福音書10章38-42節
説教:「マルタへの福音」鴨下直樹牧師

礼拝後:ぶどうの木句会活動報告、礼拝準備会/月間予定確認会、看板設置感謝会

12月24日 待降節第4主日

主日主題: 降誕
公同礼拝: 午前10時30分(Zoom配信)
聖書のお話:「星に導かれた博士たち」鴨下愛
聖書: ルカの福音書11章1-4節
説教:「祈りをおしえてください~主の祈り1」鴨下直樹牧師

礼拝後:クリスマス祝会

12月31日 降誕節第1主日

主日主題: 愛
公同礼拝: 午前10時30分(Zoom配信)
聖書: コリント人への手紙第一 16章14節
説教:「愛すること覚える一年」鴨下直樹牧師

礼拝後:「感謝祈祷会」

※ 2024年1月1日は、元旦礼拝はありません。1月7日に新年礼拝を行います。

HTML convert time: 0.187 sec. Powered by WordPress ME