2023 年 12 月 3 日

・説教 ルカの福音書10章17-24節「恵み、このすばらしきもの」

Filed under: YouTube動画,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 00:52

2023.12.3

鴨下直樹

⇒ 説教音声のみの再生はこちら

 今日の聖書箇所を読んで私たちの心に印象として残るのは、弟子たちの喜びの姿です。72人の弟子たちが伝道に派遣されて、戻って参りました。そしてお互いの顔を見合わせて喜んだのです。何を喜んでいたのかというと、17節に書かれているように、「主よ。あなたの御名を用いると、悪霊どもでさえ私たちに服従します。」ということでした。

 きっと派遣される前の弟子たちは緊張していたと思うのです。伝道がうまくいくのかどうか。前の9章に記されていた弟子たちの姿というのは「こんなにもダメな弟子たち」という説教タイトルにしなければならなかったほどのダメっぷりでした。

 主イエスが山の上でモーセとエリヤと共に光り輝いていた時も、地上では残りの弟子たちは悪霊を追い出すことができず、右往左往するしかなかったのです。そんな弟子たちでしたから、今度もうまくいかないのではないかと心配だったに違いありません。不安を抱えていたに違いありません。

 ところが、今度は「自分にもできた!」という経験をすることができたのです。弟子たちがどれほど嬉しかったかは、私たちにも容易に想像できます。

 私たちは、毎日あらゆるメディアを通して、知恵のある人や、経験の豊富な人が成功するという情報を耳にしています。そして、うまくできない人というのは努力を怠った人だという評価をされることを知っています。そのような共通理解があるために、実に多くの人々が苦しんでいることも知っています。誰だって喜びたいと思っているはずです。誰だって、できないよりは出来た方が幸せだし、そういう成功者の仲間入りをしたいと望んでいます。

 しかし、そうできないという現実が私たちを苦しめます。できる部分もあるはずなのですが、出来ない部分で人は苦しみを担うのです。自分はダメだという落胆、心が満たされないという不満、そうして、もう何もしたくないという絶望感が生じて、そんな思いが更に私たちを苦しめるのです。

 主イエスの弟子たちは決して知恵があったわけではなかったでしょう。経験が豊かだったわけでも、自信があったわけでもない、私たちと何も変わらない人たちです。弟子になってから日も浅く、分からないことだらけ、不安だらけ、そんな中で伝道に遣わされて行ったのです。そうした中で、主イエスの言葉に聞き従った時に何が起こるのかを、弟子たちは経験したのです。

 自分たちの語る言葉、福音が目の前で現実的な救いの出来事となっていくのを目の当たりにしたのです。語った言葉が、光となり、人々の希望となっていったのです。それが、「悪霊どもでさえ私たちに服従します。」という言葉の中に込められています。

 弟子たちは嬉しかったに違いありません。喜びを感じたし、生き甲斐を覚えたと思うのです。すると、主イエスはここで、その弟子たちにまず18節から20節の言葉を語りかけました。19節にこうあります。

「確かにわたしはあなたがたに、蛇やサソリを踏みつけ、敵のあらゆる力に打ち勝つ権威を授けました。ですから、あなたがたに害を加えるものは何一つありません。」

 この主イエスの言葉は、どれほど弟子たちを力づけたことでしょう。主イエスの言葉は、弟子たちの中に今すでに与えられているものが何なのかを、ここで明らかにしているのです。あなたがたは、自分のことを自信のない小さな存在としか思っていないのかもしれない。けれども、わたしはあなたがたにサタンにも打ち勝つことのできる権威を与えている。そのために、サタンはあなたがたに何もできないのだと言われたのです。 (続きを読む…)

HTML convert time: 0.164 sec. Powered by WordPress ME