2015 年 4 月 19 日

・説教 ヨハネの福音書11章27-44節 「私たちの傍らに立たれる主」

Filed under: 礼拝説教 — susumu @ 14:19

 

2014.4.19

 鴨下 直樹

 
 先週、私たちはMさんのご家族と共に山口県の岩国に行ってまいりました。Mさんの結婚式のためです。私は中国地方に行くことが普段ありませんので、景色を非常に楽しんできました。土曜日が結婚式でしたが、前日リハーサルがありましたので、朝早くから家族で車で出かけました。途中早く着きそうでしたので広島でおりまして、雨が降っておりましたが、少しだけ広島に行き、広島焼きを食べて、海沿いの道を走りながら岩国に向いました。途中で宮島という有名らしい場所を通りましたけれども、きれいな景色はそこからフェリーにのってということでしたので、あきらめました。

 夜に、岩国の聖書宣教教会に着いたのですが、行ってみて分かったのですが、海のすぐそばの教会です。教会の方は海辺の防波堤沿いに車を止めるというくらい、海の近くで驚きました。それと同時に、Mさんは今まで山に囲まれた岐阜にいたわけですけれども、これからは海の近くで生活することになるのかと、少し心配になりました。きっと、これまでとは全く違う生活がそこにあるに違いないと思ったからです。

 そして、教会はメソジスト教会です。私たちにはあまりなじみのない教会ですが、ジョン・ウェスレイの教会の伝統に生きている教会です。ジョン・ウェスレイと言っても誰の事だか良く分からないかもしれませんし、メソジスト教会というのもなじみがない。そういう方は、昔NHKでやっておりましたテレビドラマの「大草原の小さな家」を想像してくださるといいと思います。行ってみてわかったのですけれども、今でもまさにそのままの教会を形成しようとしています。テレビも見たことのない方は児童文学ですけれども小説になっておりますので、是非、読んでいただきたいと思います。

 私はアメリカ人の司式の結婚式は初めてでしたし、メソジストの司式も初めてでしたので、興味深い結婚式でした。以前、婚約式に賛美をしてくださったご夫妻です。ミラー先生が英語で説教して、奥様もアメリカ人ですけれどもキョウコ先生と呼ばれていましたが、このキョウコ先生の通訳で説教が行われました。キョウコ先生が通訳をしながら説教の途中で何度も涙ぐみながらMさんに語りかけていたのがとても印象的でした。本当に、心から結婚する二人を祝っているのだということが伝わってきました。私はこのアメリカ人の牧師夫妻を見ながら、この方々は本当にMさんの傍らに立って支えようとしておられるのだということをとても強く感じて、とても嬉しい気持ちになりました。

 さて、今日の聖書箇所をお聞きになられて、少しこれまでの主イエスのイメージと違う印象を持たれた方があるかもしれません。ここに描かれている主イエスはとても感情的に見えます。 (続きを読む…)

2015 年 4 月 5 日

ヨハネの福音書11章17-27節 「よみがえりの主」

Filed under: 礼拝説教 — miki @ 22:57

 

2014.4.5

 鴨下 直樹

 

イースターの朝を迎えました。先ほど、この礼拝に先立って朝食を共に頂いて聖餐の時を持ちました。主のよみがえりの朝を、共にみなで喜び、また祝いたいと願ったからです。イースターは主の復活を祝う日です。それは、主イエスがよみがえられたので嬉しいというだけにとどまらず、主イエスが死に勝利されたことが、喜びの知らせそのものだからです。

このイースターの朝、私たちに与えられているのはラザロのよみがえりの出来事です。今日は先週に引き続いてヨハネの福音書の第11章17節以下です。もちろん、本来は1節からラザロのことが記されておりますので、1節から読んだほうが適切だと思います。

先週もお話ししましたが、ラザロはマリヤとマルタの兄弟だとここに記されています。しかも、ここではラザロのことを「あなたが愛しておられる者」と書かれています。愛する者が病に倒れ、その知らせを聞きながらも主はなおもそこに二日とどまられました。そして、今日のところで、主がラザロのところを訪られたのはこの17節を見ますと「ラザロは墓の中に入れられて四日もたっていた」と記されています。 (続きを読む…)

2015 年 4 月 3 日

・説教 ヨハネの福音書13章1-15節 「残すところなく示された愛」

Filed under: 礼拝説教 — miki @ 21:40

 

2015.4.3

 鴨下 直樹

 

今日、この受難日に私たちは「洗足」と言われる出来事の箇所を聞いています。今年の元旦礼拝で今年の年間聖句のカードをお配りしました。そこにこの「洗足」の絵が描かれております。今年、私たちが一年をかけて心に刻もうとしている主イエスのお姿が、ここに描かれています。元旦礼拝で今年一年私たちに与えられた言葉として心にとめているのはローマ人への手紙15章7節です。

キリストが神の栄光のために、私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい。

私たちはこの一年、ほかの人を受け入れることを心にとめて一年の歩みをしています。けれども、互いに受け入れあうということは簡単なことではないことを、もうすでに毎日のように味わっておられることと思います。夫婦であっても、子どもであっても、あるいは親であっても受け入れることの難しさを覚えます。いや、むしろ家族であればあるほど、受け入れることの困難さを覚えるというところがあります。というのは、家族というのは、こうであってほしいという、私たちの願いが一番強く出るところだからです。もっと自分を理解してほしい、もっとああして欲しい、こうして欲しいと、私たちは身近な者に対して強い願いを抱きます。

「キリストが神の栄光のために私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい」というこのみ言葉を、ほかの言葉で言いかえるとすると、それは「愛すること」と言い換えることができると思います。愛することは、受け入れることです。愛することはゆるすことです。

 

今日、この受難日の礼拝に、私たちは主イエスが弟子たちの足を洗ってくださった物語を聞いています。主イエスは足を洗うことを通して私たちに愛を示してくださいました。

1節にこう書かれています。 (続きを読む…)

2015 年 4 月 2 日

第16回「55+の会」のご案内

Filed under: 55プラス,お知らせ,教会の活動 — susumu @ 11:53

日時:2015年4月2日(木)午後 14時~16時
場所:芥見キリスト教会 集会室
テーマ:「旅先でのハプニング」
55plus20150402

2015 年 4 月 1 日

今月の礼拝予定(2015年4月)

Filed under: 今月の礼拝予定 — susumu @ 09:12

4月3日 受難日

主日主題: 十字架
聖餐式礼拝: 19時30分
聖書: ヨハネの福音書13章1-11節
説教:「残すところなく示された愛」 鴨下直樹牧師
聖餐式

4月5日 復活祭

主日主題: 復活
聖餐式礼拝: 午前10時30分
聖書: ヨハネの福音書13章17-27節
説教:「よみがえりの主」 鴨下直樹牧師
聖餐式

午後:役員会

4月12日 復活節第二主日

主日主題: 新生
公同礼拝: 午前10時30分
聖書: マタイの福音書28章16-20節
「大宣教命令に応える」 日本国際ギデオン協会 近藤高史兄

午後:「楽しい財務講座」、手話講座

4月19日 復活節第三主日

主日主題: 慈しみ
合同礼拝: 午前10時30分
聖書: ヨハネの福音書11章28-44節
説教:「死の傍らに立たれる主」 鴨下直樹牧師

午後:礼拝準備会/月間予定確認会

4月26日 復活節第四主日

主日主題: 喜び
合同礼拝: 午前10時30分
説教:舛田友太郞師

午後:各部会、教団役員研修会(於:可児教会)

HTML convert time: 0.173 sec. Powered by WordPress ME