2022 年 7 月 31 日

・説教 ローマ人への手紙15章22-33節「私のために祈ってください」

Filed under: ライブ配信,礼拝説教,説教音声 — susumu @ 00:02

2022.07.31

鴨下直樹

⇒ 説教音声の再生はこちら

Lineライブ

午前10時30分よりライブ配信いたします。終了後は録画でご覧いただけます。


 

 2023年の9月に、この東海地区で第七回伝道会議が計画されています。会場はこの岐阜市にあります長良川国際会議場です。私は、この会場に近い教会の牧師であるということで、この話し合いに加わるようになりまして、数年前からこの伝道会議の準備を進めています。今は、開催地委員会というこの東海地区で責任を持つ10名ほどの牧師たちと毎月話し合いをしています。また、全国の代表の方が集まる実行委員会や、他にも「プログラム局」や、伝道会議の時に東海宣言というのを出そうとしておりまして、この「宣言文委員会」という集まりにも所属しております。

 それ以外にも、事務局の働きや会場の責任やら、ボランティアの働きなどで、毎週2回ほどの会議に参加します。コロナのためにオンライン会議という方法が用いられるようになったおかげで、全国に飛び回らなくても良くなりました。けれども、そのおかげで会議をお断りするということも難しくなりました。

 あまりに会議が多すぎて教会の働きに支障が出てきています。そのことをある責任を持っている先生に相談しましたら、この東海地区の宣教協力のために忙しくしているのだから教会の人には喜んでもらってくださいと言われてしまいました。

 昨日も、この地域の主だった先生方を9月に行われる「伝道会議一年前大会」の夕食会に招待するということで、その準備をしておりました。この岐阜県には70を超す教会があります。さまざまな教団があります。主だった教会に招待状を送ると言いましても、10教会位に収めてくださいと言われています。開催地委員会の先生方から鴨下先生にお任せしますのでと託されてしまっていますので、責任が重大です。

 幸い、私は教会を選ぶだけで、招待状を送ってくださるのは大会実行委員会です。本当ならすべての教会に招待状を送りたいくらいですが、お金のかかることですからそういうわけにもいきません。教会のリストを見ますと、半数以上の教会は、私は一度も見たこともない教会ばかりです。けれども、それぞれのところで、キリストの教会が宣教をしていると思うと、とても嬉しい思いになります。これらの教会が協力しあってこれから一緒に協力しあうことができるようになることを考えているのです。

 今日のパウロの手紙は、手紙の送り先であるローマの教会に、これから訪ねて行きたいと思っているということが記されています。ただ、パウロも目的地はローマではなく、イスパニアだと書いています。なぜ、イスパニアに行きたいかというと、もうこの地方に伝道する土地が残っていないからと言うのです。

 パウロはこの時アカイア地方のコリントにいたと考えられています。これは、第三次伝道旅行の時で、エルサレム教会への献金を集めていた時のことです。マケドニアとアカイア地方、つまりピリピやテサロニケ、コリントの教会などで献金を集めて、これからエルサレムまで行こうとしているときのことだということが、この内容から分かります。

 ちなみに、これからパウロが行きたいと考えているイスパニアは、新改訳2017の最後に地図15というところがありますので、そこを見てもらうと、どのくらい距離が離れているかよく分かると思います。

 当時と今とでは人口が違いますが、岐阜とか東海地区というような範囲に留まっていないのです。パウロや、当時のキリスト者たちの伝道はとても活発で、瞬く間に福音が各地に広がっていったのです。

 今日の箇所で重要な意味を持っているのは、パウロがまずエルサレムに戻って援助することにしているという部分です。 (続きを読む…)

HTML convert time: 0.151 sec. Powered by WordPress ME