2014 年 7 月 13 日

・説教 ヨハネの福音書5章19-30節 「いのちと裁きの主イエス」

Filed under: 礼拝説教 — miki @ 20:28

2014.7.13

鴨下 直樹

先週、礼拝でも少しお話をしましたけれども、可児教会のO長老が先週亡くなりました。そのO長老の葬儀が先週の火曜日に行われました。前任の後藤牧師が可児教会と芥見教会と兼牧をしておりましたその時、可児教会の長老たちが何度もこの芥見の礼拝説教をしてくださり、O長老も何度もここで説教をしてくださいましたから、ご存じの方が多いと思います。この方は大学の英語の教授として名古屋にあります国立大学、その後で、名古屋のキリスト教系の私立の大学、そして晩年は、この教会からすぐ近くにありますキリスト教系の私立の大学、高校などの学院長として勤めておりました。教会でも大学でも説教をしておられましたし、可児教会では礼拝の前に毎週役員の祈り会を持っておりまして、いつもそこでも聖書の話をしておりました。「デイリーブレット」という毎日のディボーションの冊子の翻訳もしてこられました。非常に深い聖書知識のある方です。

その葬儀で、娘さんのMさんが挨拶をなさいました。亡くなる少し前のことだったようですけれども、よく天国に行く夢を見たんだそうです。天国で、すでに十数年前に天におくった奥様や、教会の方々と会って来たよと言われたそうです。それで、娘のMさんが、「天国で誰とあったのが一番嬉しかったの?」と聞かれると「それは、キリストさぁ」とここやかに答えられたんだそうです。

私はこの話を聞いて、とても心打たれました。英語の教授や、言語学者として深い聖書知識を持たっておられたお方ですけれども、葬儀で紹介された略歴でも、そういうことは一言も書かれておりませんでした。ただ、これまでどういう教会で信仰の歩みをしてこられたのかということしか書かれていませんでした。Oさんはひとえに子どものように主イエスにお会いすることを望むような信仰に生きたのだということを、この娘さんのお話を聞いて知りました。本当に子どものように主イエスとお会いすることを心待ちにしていたのだということが良く分かりました。そして、今、天に召されたOさんは今まさに主イエスとお会いして、永遠のいのちの喜びをかみしめているのだということを心から喜ぶことができます。

今日の説教の題を「いのちと裁きの主イエス」としました。予告していたものと違いますけれども、今日の箇所の主題はまさに、「いのちと裁き」です。24節にこう記されています。 (続きを読む…)

HTML convert time: 0.168 sec. Powered by WordPress ME